EPGStationの録画データを簡単sambaでWindowsと共有(Ubuntu 22.04)

EPGStationを録画サーバーとして使用する場合、他のWindows PCからファイルを参照することが多い。

Windows PCから、ブラウザを通してEPGStationやPLEX Media Serverを使い、録画データを再生します。

時々、Windows PCから録画データを移動・コピー・削除や名前の変更などの作業をしたい時があります。

sambaを使えば。Windows PCとファイルを共有することができます。

ここでの説明は、以下の記事に従ってEPGStationのインストール、ストレージの拡張を行ったことを前提としています。

EPGStationのストレージを共有する

ストレージは、/mnt/data1にマウントされている想定で説明します。
EPGStationの録画データは、この配下にすべて保存されます。

data1の配下に、「tv」「temp」「news」「drama」「documentary」のフォルダがある例です。

上記5つのフォルダをWindows PCと共有します。

まず~/temp/toolに移動します。(EPGStationインストールのscriptに含まれています。)

euser@motown:~$ cd ~/temp/tool
euser@motown:~/temp/tool$ ls -la
合計 28
drwxrwxr-x 3 euser euser 4096  5月 23 10:14 .
drwxrwxr-x 4 euser euser 4096  5月 23 10:14 ..
drwxrwxr-x 2 euser euser 4096  5月 23 11:35 data
-rw-rw-r-- 1 euser euser  348  5月 22 17:37 p1-changeconfig.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser   57  5月 21 17:04 p2a-editsamba.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser  198  5月 21 17:02 p2b-installsamba.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser  556  5月 15 18:44 p3-installmunin.sh

sambaをインストールするために、smb.configというファイルを編集する必要があります。
以下のscriptを実行します。

euser@motown:~/temp/tool$ bash p2a-editsamba.sh

編集する画面が開きます。


[global]
workgroup = workgroup
security = user
passdb backend = tdbsam
printing = cups
printcap name = cups
load printers = no
disable spoolss = yes

[tv]
comment = tv folder
path = /mnt/data1/tv
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

[temp]
comment = temp folder
path = /mnt/data1/temp
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

今回は、「news」「drama」「documentary」を追加します。


[news]
comment = news folder
path = /mnt/data1/news
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

[drama]
comment = drama folder
path = /mnt/data1/drama
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

[documentary]
comment = documentary folder
path = /mnt/data1/documetary
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

編集が完了したら、「保存」して閉じます。
準備ができたので、sambaのインストールをします。

euser@motown:~/temp/tool$ bash p2b-installsamba.sh
[sudo] euser のパスワード: 

パスワードを入力すると、インストールが始まります。

Press enter to see a dump of your service definitions

上記メッセージがでてきたら、enterキーを押して下さい。

new password:
retype new password:

sambaで使用するパスワード入力して下さい。

Synchronizing state of smbd.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable smbd
euser@motown:~/temp/tool$

上記の画面になれば、インストール完了です。

Windows PCから参照する

Windows PCの「エクスプローラー」を開けて、「PC」を右クリックします。

「ネットワークの場所を追加する」をクリックします。

以下の画面が表示されます。

「次へ」をクリックします。

「カスタムのネットワークの場所を選択」をクリックします。
表示された画面で、今回共有するサーバーの名前「¥¥motown」と入力し、「参照」をクリックします。
すると画面に、共有できるフォルダが表示されます。

「temp」を選択して、「OK」ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

「次へ」をクリックすると、共有の設定は完了です。

2022年05月30日 | Posted in 電脳:録画サーバー | タグ: , , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください