EPGStationのストレージを拡張する(Ubuntu 22.04)

EPGStationを使い始めると、すぐにストレージが足りなくなります。

その時お勧めしたいのが、録画データ専用のディスクを拡張することです。

そのメリットは、以下2点です。

  1. OSやアプリの再インストールが簡単にできる。
  2. 録画データだけ持ち運びができる。

ここでは、新たに録画専用ディスクを増設し、EPGStationのストレージにする方法を解説します。

前提条件は、以下の記事でEPGStationをインストールしたことを想定しています。

ディスクを増設する

増設するディスクは、内蔵ディスクでもUSB接続ディスクでも、設定方法は変わりません。

増設ディスクを接続したら、「ディスク」アプリを開きます。

まず、増設ディスクが左欄に表示されていることを確認します。

次に、パーティションを作成するために、「+」ボタンをクリックし、
未割り当て領域にパーティションを作成します。

パーティションサイズを確認して、「次へ」をクリックします。

ボリューム名を入力し(ここではdata1)、
「Linux用の内蔵ディスクとして使用する(Ext4)」を選択する。

これで、data1というパーティションが作成できました。

次に、マウントオプションを設定します。
「マウントオプション編集」をクリックします。

「システム起動時にマウントする」
「ユーザーインターフェースに表示する」
上記2つをチェックし、

識別名を「LABEL=」を選んで下さい。パーティションがdata1であれば、
「LABEL=data1」になります。

これで、増設ディスクがマウントされ、/mnt/data1で見えるようになります。

これでディスクの増設は完了です。

EPGStationのストレージ拡張

今回増設したディスクは、「/mnt/data1」にマウントしました。
マウントしたディスクをEPGStationのストレージに設定します。

EPGStationのストレージの設定を変更するには、
「ホームディレクトリ/git/docker-mirakurun-epgstation」の中にある
「docker-compose.yml」の一部を書き換えます。

「ホームディレクトリ/git/docker-mirakurun-epgstation」を表示します。

「docker-compose.yml」をダブルクリックして開きます。
「epgstation:」の項目の「volumes:」まで移動します。
「/media/tv_record:/app/recorded」→ 「/mnt/data1:/app/recorded」に書き換えます。

「保存」をクリックした後、システムをリブートするかdocker-composeを再起動します。

euser@pc:~/git/docker-mirakurun-epgstation$ docker-compose down
euser@pc:~/git/docker-mirakurun-epgstation$ docker-compose up -d

ブラウザを再起動して、EPGStationを表示します。
左側のメニューの下から2番目のストレージをクリックします。

ストレージが拡張されたことを確認します。

補足情報:ストレージの所有者をログインユーザーにしたい

EPGStationのストレージの所有者は、デフォールトでrootになります。
もし、所有者をログインユーザーにしたい場合は、修正が必要です。

以下の場所を開いて下さい。

config.ymlを開いて、uidをログインユーザーのidに変更してください。
例えば1000ならば、「uid: 1000」と追記して保存して下さい。

2022年05月28日 | Posted in 電脳:録画サーバー | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください