2018年の自宅録画サーバー環境

(2019年03月25日追記)CentOS 7.4上に「EPGStation + Plex」をPLEX社製TVチューナーで組み立てました。2019年はこれで解決。

 2019年の自宅録画サーバー環境
(2018年10月13日追記)CentOS 7.4上に「Chinachu γ + Plex」をPLEX社製TVチューナーで組み立てました。2018年10月現在組み立て可能なコスパの高い録画サーバーです。
2018年版最適化「chinachu + plex + PX-Q3PE4」on  CentOS 7.4
(2018年8月1日追記)CentOS 7.4上に「Chinachu γ + Plex」をインストールしたら、最高の録画サーバーができました。
2018年版 CentOS 7.4「Chinachu γ + Plex」の構築ポイント

当面、CentOS 7.5も第8世代CPUも使えないので、もう少し待ちましょう。
(2018年6月20日追記)Chinachu γ + Plexを使うために最適化した録画トランスコード用シェルスクリプトを公開しました。
このスクリプトを使ってトランスコードすると、Plex Media Serverが快適に使えます。
2018年版「Chinachu γ + Plex」用シェルスクリプト
(2018年5月3日追記) Chinachu γ + Plex のハードウェア情報を公開しました。
2018年版「Chinachu γ + Plex」サーバーのハードウェア(2)

2017年まで、

(1)TVRock(Windows10)、
(2)Anime Locker(CentOS7)、
(3)Chinachu γ(CentOS7)

の3種類のTV録画サーバーを運用していた。それぞれにできることできないことがあり、3種類4台の録画サーバーの併用をしていた。

しかし、

3種類の録画サーバーソフトの機能を超える自宅録画サーバー環境
を2018年1月4日に完成し、現在順調に稼働している。

そのサーバーが、

「Chinachu γ + Plex Media Server on CentOS 7」

すべてがフリーソフトとして提供されており、非常に安定して稼働する。
(クライアント側で使うPlexアプリは有料だが、ブラウザを使う限りは無料。)

Windows10上のChromeブラウザで、録画リストを表示したのが、以下の画面。

Windows10上のPlexアプリで表示したのが、以下の画面。

有料ソフトであるAnime Lockerを録画サーバーとして完全に超えている。

「今までお世話になったAnime Locker、さようなら」

2018年1月6日に、2台稼働していたAnime Lockerは停止し、今追加のChinachu γ + Plex Media Server(以降、「Chinachu γ + Plex」と略す)に作り変える。

Chinachu γ + Plex とは

インターネットを検索すると、2016年頃に既にこの組み合わせで使っている人がいた。
ただし、MPEG2-TSファイルをそのままPlex Media Serverで扱っているようなので、けっこう重たい。
今回のアドバンテージは、高速でmp4に変換することで、非常に操作が軽くなっていることだろう。

簡単にいうと、Chinachu γ + Plex とは、

「ChinachuのTV録画機能を連結した、Plex Media Server」

こう書くと、それほど大したことはないような気もするが、その使い勝手、その安定性は今までにない。

私が使っていて、特にすぐれていると思う点は、以下の通りである。

(1)録画した番組は、1時間番組であれば、終了後10分で再生可能である。(Intel QSVのおかげ)

(2)録画の再生は、Windows、Mac、iPhone、Androidのブラウザだけでなく、それぞれの専用アプリでできる。

(3)リモートで使用しても、再生が安定している。

(4)30秒送りや任意のポイントでの再生もできる。

家にいても、電車でもオフィスでも、つまりどこにいても、すぐに再生ができ、非常に安定して使えている。

Chinachu γ + Plexの構成

このシステムは、1台のサーバーで実現している。

Chinachu γで作成したMPEG2-TSファイルをIntel QSVを使って、高速で圧縮を行い、MPEG-4にエンコードする。このMPEG-4のファイルをPlex Media Serverの機能を使って再生する。

ソフトウェアの構成は、以下の通りである。

サーバー側
(1)Mirakurun
(2)Chinachu γ
(3)ffmpeg(Intel QSV対応バージョン)
(4)Plex Media Server

クライアント側
ブラウザ、
あるいはPlexアプリ(Windows、Mac、iPhone、Android他多数)

今までの自宅録画サーバーの課題

今まで使用してきた自宅録画サーバー3種類の課題を以下にまとめた。

サーバーソフトmp4エンコードOSコスト課題
TVRockA's Video ConverterWindows 10無料自宅外からアクセスする機能はない。
インストールに時間がかかる。
開発が終了しているため、
トラブルや拡張に対応できない。
Anime Lockerffmpeg
libx264
CentOS 7有料
7757円(税込)
2018年1月15日現在
有料である。
アニメ録画用なので、
自動録画のルール設定機能が弱い。
エンコードが録画時間と同程度かかるため、
1日10ファイル以上の録画は難しい。
Chinachu γffmpeg
libx264
CentOS 7無料TSファイルのリアルタイムトランスコードで
再生するため、30秒送りや任意の位置からの再生ができない。
(2018年4月11日追記)現時点では、再生に問題はない。
任意の位置でも再生できる。
TSファイルのサイズによる容量圧迫と
再生UIの使い勝手以外は、問題ない。

Anime Lockerは、非常に便利で使っていたが、ルールの記述が弱く、エンコードに非常に時間がかかるため、使い勝手は良くなかった。しかも有料である。

Chinachu γは、非常に安定しているし、ルールの記述も強力で、自宅録画サーバーに最適だが、エンコードなしのTSファイルの保存と再生には無理がある。また、自宅外での再生に関しても使えるレベルには達していなかった。

今回は、Intel QSVによる高速なエンコードと、強力な再生環境であるPlex Media Serverを組み合わせることにより、完璧な自宅録画サーバーを構築することができた。

Plex Media Serverの使い方

現在の利用方法は、
自宅のリビングルームでは、Windows10のChromeブラウザでの再生、
ベッドルームでは、Androidタブレットでの再生、
自宅外では、iPhoneのPlexアプリでの再生が主である。

iPhoneでの再生画面を以下に紹介する。

上記でファイルを選択し、以下のような再生画面になる。

ついでに、今まで録画した映画のファイルをWindow10のPlexアプリで表示すると以下のようになる。

なかなか見てくれもいい。

関連記事

コメント2件

  • ゆず より:

    録画した映画のファイルのサムネイルをパッケージの表紙みたいにするのどうやってるんですか?

  • simplelife0530 より:

    Plex Media Serverの機能を使っているだけです。映画を録画したら、メニューからMatchを選んで、映画を検索します。Matchしない場合は、googleで検索して、映画の英語タイトルを調べて、検索すれば、Matchします。日本語のポスターを入れたい場合は、googleで映画のタイトルで検索して、画像を選択すると、映画のポスターがでてきますから、保存してください。その後、Plex Media Serverの編集ーポスターで画像を入れ替えられます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください