「ルンバお誕生日&お手入れ」ミーティング

【アイロボット ファンプログラムミーティング】に参加しました。(2018年9月27日19時30分~)

神保町の学士会館の近くのビルの5階にある、アイロボットジャパン合同会社の新しいオフィスでの開催。

ルンバ16周年です。

今回は、ルンバのお手入れの仕方を教えてくれるというので、自宅のルンバ持参で参加しました。意外に重かった。

ルンバ780との5年間

私がルンバ780を購入したのは、2013年。もう5年経ちますが、まだまだ元気に動いています。

我が家で、ルンバが家に帰るところです。

 

4年間は、ほとんどトラブルなく稼働していました。まったく掃除をすることもなく、本当に手間のかからない製品だと思っていました。

しかし、2017年8月頃、回転ブラシが切れていることに気が付き、裏返してみたら、中央のブラシに髪の毛やホコリがいっぱい付いていました。

そこで、メンテナンスキットと充電電池を交換したところ、見事復活しました。

お手入れのポイント

持参したルンバ780の裏側で、ダストボックスをはずした状態です。

今回は、持参する前に、ある程度掃除してきました。1年間に付着した汚れは、それほどでもありませんでした。

ミーティングの中で、アイロボットのメンテナンスのプロに教えてもらいながら、分解・掃除をしてきたので、報告します。

回転ブラシ

回転ブラシをドライバーで外したところです。1年前に交換したので、ほとんど劣化していませんでした。

メインブラシ

メインブラシは、2本。取り外して、髪の毛やホコリを除きます。

黄色い軸受を外すと、そこにもホコリが詰まっていました。

メインブラシ収納部を外した状態で、収納部を拭きました。かなり汚れが付いていました。

ダストボックス

ダストボックスは、いつもゴミを取り出しているところ。やっかいなのは、黄色いフィルター。これがかなり汚れる。いつ交換するか、常に迷う。

これを新品と比較すると、確かにかなり汚れている。

 

水洗いはできないので、別のクリーナーで吸い取るしかないようです。私は、いつも吹いて落としてます。

車輪

車輪は、かなり減っているようです。ただし、これは取り出しできず、交換もできないかもしれません。

前輪と充電端子

前輪と充電端子。この前輪は簡単に外せます。

さらに分解できます。

ここまで分解できれば、きれいに磨けます。

それから、前輪の両脇にある充電端子。

これが、意外と重要です。この部分が汚れていると、充電アダプターにきちんと戻れないときがあります。これは、よく磨いておきましょう。

センサー

これも汚れているときちんと機能しないので、磨いておきます。

お手入れ完了

説明をききながら、40分ほどで完了。作業としては、20分ほどで終わるので、1年に1回は掃除をすべきです。

一息ついて、ルンバのロールケーキとチョコレートをいただきました。

お手入れが終わって

ルンバは本当に長持ちする製品。時々お手入れをすれば、10年は使えそう。最近の家電製品は、3-5年で故障するものが多い。(TV、冷蔵庫など)

それを考えると、ルンバは素晴らしい。

とはいっても、5年使うと新しいものも欲しくなる。今回のお手入れミーティングでも、880、980を見かけた。いろいろ改良点もあり、買い替えの時期が近づいているようにも感じた。特に、iPhoneアプリとの連携は使いたい。

いろいろ次のことを考えながら、アイロボット・ジャパンのオフィスから帰途についた。

2018年10月04日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください