2021年版 (続)15分でできる自宅録画サーバー(Ubuntu 20.04)

15分で自宅録画サーバーはインストールできたでしょうか?
このサーバーで、録画・再生機能は十分使えると思います。

自宅録画サーバーのユーザー種別

自宅録画サーバーのユーザーには、大きく分けて以下の2種類があると思っています。

ユーザー種別視聴デバイス用途
カジュアルユーザースマートフォン
タブレット
見逃し
リアルタイム
アニメ、ドラマ、バラエティ
ヘビーユーザー大画面TV、モニターアーカイブ
とりあえず録画
ドラマ、映画、ドキュメンタリー

ヘビーユーザーの場合、さらに以下の設定が必要となります。

  1. ストレージの大容量化
  2. Plex Media Serverのインストール
  3. VLCのインストール

また、便利機能として、以下も追加した方が望ましい。

  1. EPGStationのPlex Media Server対応
    (mp4の解像度の変更 960×720 → 1440×1080、1280×720 → 1920×1080)
    (録画ファイル名の変更、トランスコードオプションの変更)
  2. sambaによるWindows10とのデータ共有
  3. muninによるCPU稼働状況、HDD温度の監視
  4. リモートデスクトップ

ストレージの大容量化

録画したtsファイルやトランスコードしたmp4ファイルを保存するストレージは、OSがインストールされている起動ディスクとは別のディスクにすると、メンテナンス上簡単になります。

ここでは、新たに1台のディスクを増設して、そのディスクをストレージに設定する方法を説明します。

Ubuntu Desktopで、ディスクをマウントするために、「ディスク」というアプリを使います。

ディスクを増設した後、「ディスク」アプリでは、以下のように確認できます。

パーティションを初期化します。

パーティションに名前をつけます。

「data1」という名前のパーティションができました。

マウントオプションの編集をします。

マウントオプションの設定は、以下の通りです。

「/mnt/data1」にマウント完了しました。

マウントしたディスクをEPGStationのストレージに設定します。
「~/git/docker-mirakurun-epgstation」に移動します。

「docker-compose.yml」を編集します。

epgstationの中のvolumesの一部を変更します。

「/media/tv_record:/app/recorded」→ 「/mnt/data1:/app/recorded」

「docker-compose.yml」を編集後、
リブートするか、docker-compose up -dを実行してください。

これで、EPGStationのストレージが変更されます。

以下の通り変更されました。

 

Plex Media Serverのインストール

アニメ、ドラマ、映画などのmp4ファイルの管理を考えると、Plex Media Serverのインストールがオススメです。

Ubuntuのデスクトップで「Ubuntu Software」を選択します。

「Ubuntu Software」を開きます。

左上の「🔍」をクリックし、中央上部の入力枠に「plex media server」と入力する。
「Plex Media Server」が検索結果で下に表示される。

「Plex Media Server」をクリックする。
左上部の「インストール」をクリックする。

インストールが完了すると左上部に「削除」ボタンが表示される。

インストールが完了したら、「Plex media server」のアイコンをクリックします。

VLCのインストール

tsファイルやmp4ファイルをローカルで再生するために、VLCのインストールを行います。

Ubuntuのデスクトップで「Ubuntu Software」を選択します。

「Ubuntu Software」を開きます。

左上の「🔍」をクリックし、中央上部の入力枠に「vlc」と入力する。
「vlc」が検索結果で下に表示される。

「vlc」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

このウィンドウで、「インストール」クリックします。

インストールが完了すると左上部に「削除」ボタンが表示される。

インストールが完了したら、「設定」を開きます。

「設定」の中の「デフォルトのアプリ」でビデオをVLCにします。

便利機能のインストール

さらに、ヘビーユーザー向けの便利機能をインストールします。

  1. EPGStationのPlex Media Server対応
  2. samba
  3. munin
  4. xrdp

以下をダウンロードしてください。

<2021年5月9日追記>p1-changeconfig.shに1行間違いがありました。
「~/git/docker-mirakurun-epgstation/epgstation/config」の中の
p1x-enc-libx-cpm.shをenc-libx-cpm.shに修正してください。
5月9日以降は、修正されたファイルになっていますので、修正の必要はありません。

ダウンロードが完了したら、「ホーム/ダウンロード」のフォルダを開きます。

ダウンロードしたファイルをクリックします。

中にある「post-process」を選び、左上の「展開」をクリックします。
そして「ホーム/temp」を展開先に選択します。

「ホーム/temp」の下に、「post-process」が展開されました。

端末を開いて、「~/temp/post-process」に移動します。

euser:~$ cd ~/temp/post-process
euser:~/temp/post-process$ ls -la
合計 56
drwxrwxr-x 2 euser euser  4096  4月 13 14:58 .
drwxrwxr-x 3 euser euser  4096  4月 13 14:58 ..
-rw-rw-r-- 1 euser euser   243  4月  8 21:03 p1-changeconfig.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser 10671  3月 27 18:29 p1x-config.new.yml
-rw-rw-r-- 1 euser euser  1926  3月 27 18:28 p1x-enc-libx-cpm.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser   193  4月  8 21:04 p2-installsamba.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser   403  4月  8 21:04 p2x-smb.config
-rw-rw-r-- 1 euser euser   542  4月  8 21:25 p3-installmunin.sh
-rw-rw-r-- 1 euser euser    29  4月  3 00:37 p3x-hddtemp_smartctl
-rw-rw-r-- 1 euser euser  5221  4月  8 21:01 p3x-new-munin.config
-rw-rw-r-- 1 euser euser    52  4月 10 21:04 p4-remotedesktop.sh
euser:~/temp/post-process$

展開されたファイルを確認し、実行します。

(1)EPGStationのPlex Media Server対応

euser:~$sh p1-changeconfig.sh

このコマンド実行により、tsからmp4へ変換する際、Plex Media Serverに最適化されます。
解像度は、1440×1080か1920×1080になります。
mp4ファイル名は、<タイトル><日付>の形式になります。
変換は、以下のオプションを選択できるようになります。

  • L1(1か国語)
  • M2(NHK,NHKBS1の2か国語ニュース対応)
  • L2(2か国語)
  • E2(解説放送)
  • S2(多重放送)
  • T0(自動化)

詳細は、以下の記事を参照してください。

(2)samba

Windows10からファイルを操作できます。

最初に、以下のコマンドでファイルを開きます。

euser:~$gedit p2x-smb.config
[global]
workgroup = workgroup
security = user
passdb backend = tdbsam
printing = cups
printcap name = cups
load printers = no
disable spoolss = yes

[tv]
comment = tv folder
path = /mnt/data1/tv
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777

[temp]
comment = temp folder
path = /mnt/data1/temp
guest ok = yes
guest only = yes
writable = yes
create mode = 0777

このファイルを編集して、必要なフォルダをWindows10から見えるようにします。
最初の[global]から8行目までは、編集しないでください。
10行目以降は、自由に編集してください。
[tv]からの8行が一つのセットです。
この8行のうち、最初の3行をカスタマイズし、4行目~8行目はそのままコピーしてください。
1行目は、Windows10から見える名前になります。
2行目は、特に影響はありませんが、名前を揃えます。
3行目は、フォルダの絶対パスです。

これで、必要なフォルダの数だけ編集して、保存します。

編集した後、以下のコマンドを実行します。

euser:~$sh p2-installsamba.sh

完了後、Windows10のファイルマネージャーからフォルダが見えるようになります。

(3)munin
サーバーのCPU稼働状況やディスクの温度を確認することができます。

euser:~$sh p3-installmunin.sh

コマンド実行後、ブラウザで「http://localhost/munin」にアクセスすれば、以下のようなグラフが確認できます。

他のPCからアクセスして確認したい場合は、以下を修正する必要があります。

/etc/munin/ディレクトリの中のapache24.confを編集します。

<修正前>
<Directory /var/cache/munin/www>
Require local
Options None
</Directory>

<修正後>
<Directory /var/cache/munin/www>
Require all granted
Options None
</Directory>

この設定後、リブートしてください。
他のPCのブラウザで、以下にアクセスします。
http://<muninのあるPCのIPアドレスかサーバー名>/munin/

もし表示されない場合は、muninのあるPCのファイアウォールの設定で80ポートを確認してください。アクセス拒否になっている場合は、開放に設定を変更してください。

(4)xrdp

windows10からリモートデスクトップでアクセスできるようになります。

euser:~$sh p4-remotedesktop.sh

注意点としては、同じユーザーが2つログインすることができない(Ubuntu 20.04 日本語Remixのデフォールト設定)ようなので、使い終わったら必ずログアウトが安全です。

以上

関連記事

コメント2件

  • MOSH より:

    前記事と合わせて、あっという間に構築できました。
    ありがとうございます。
    ストレージの大容量化が反映されず少し詰まったので、コメントします。
    編集した docker-compose.yml の保存場所で、以下のコマンドが必要でした。
    docker-compose up -d

  • simplelife0530 より:

    MOSHさん、

    コメントありがとうございます。
    確かに、抜けてますね。
    追記します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください