2021年の自宅録画サーバー環境(Ubuntu 20.04)

(2021年9月2日追記)
2020年初秋版「15分でできる自宅録画サーバー」を公開。2021年9月2日以降は、こちらの改訂版を利用してください。

2021年、自宅録画サーバー業界にも、いくつか変革がありました。
その経緯を振り返ってみましょう。

2021年は、docker版EPGStationを使おう

2020年から現在まで、自宅録画サーバー周辺には、以下のようなニュースがありました。

  1. 2020年12月08日 CentOS 8のサポートを2021年12月31日で終了する。
  2. 2021年01月10日 EPGStation V2.0リリース
  3. 2021年01月11日 Mirakurun 3.5.0リリース

現在私が使っている自宅録画サーバーの環境を見直す時期がきたようです。

いろいろ調べた結果、以下の構成に移行することに決めました。

  1. OS – Ubuntu Desktop 20.04 LTS
  2. Tuner PX-Q3PE4
  3. Plex 非公式Linuxドライバ
  4. docker-mirakurun-epgstation
  5. Plex Media Server

課題は、1点だけです。

docker-mirakurun-epgstationが、PX-Q3PE4、PX-Q3U4、PX-W3PE4、PX-W3U4に対応していないということです。

これを解消するためには、現状2つの方法があります。

  1. mirakurunコンテナで、ホーム側のPLEX非公式Linuxドライバ対応recpt1コマンドを呼び出す方法。
  2. mirakurunコンテナをbuildしなおして、mirakurunコンテナ内のrecpt1コマンドをPLEX非公式Linuxドライバ対応にする方法。

今回は、2番の方法がスマートだと思い調べたところ、以下のサイトで紹介されていました。

OSインストールから、EPGStation v2で録画開始まで、2時間程度でした。

Mirakurun 3.5.0稼働

ブラウザに、http://localhost:40772でUIが表示されます。

イベントやログも確認できます。

そして、tuners.ymlとchannels.ymlの中身が確認でき、編集できます。

mirakurunのインストール時に失敗すると、修復にけっこう時間がかっていました。

ただし、一度動いてしまうとほとんどトラブルがないため、最初の失敗も忘れがちです。

今回、UIでチューナーやチャンネルの情報が確認できることで、発見できることもありました。

Tokyo MXが、現在はスカイツリーから16チャンネルですが、私のところはJCOMを使っているためか?、東京タワーの20チャンネルでないと受信できない状態でした。

また、D-lifeの放送が終了しており、BS23_2が使えなくなっていることや、放送大学の地上波28チャンネルやBSのBS11_2も使えていないことがわかりました。

やはり、ログを見ているより、格段に状況把握が簡単になりました。とても便利です。

EPGStation v2稼働

EPGStation v2は、完成度が高まり、表示もいくらか見やすくなりました。

録画済みのファイルの表示画面もきれいになりました。

実際に再生してみると、ブラウザの中で再生できるようになっていました。

ルールの表示画面もフォントが少し小さく、見易くなっています。

スマートフォンの表示での改良が多々あると思いますが、私は使っていないので確認できていません。

docker版epgstation(docker-mirakurun-epgstation)

インストールの手間がほとんどなくなりました。

  1. Plex TVチューナー(カードかUSB接続機器)を組み込む
  2. Ubuntu Desktop 20.04をインストール
  3.  ドライバを2つ組み込む
    1. カードリーダー
    2. PLEX非公式Linuxドライバ
  4. docker、docker-compose、gitをインストール
  5. docker-mirakurun-epgstationをインストール
  6. Plex Media Serverをインストール

基本はこれだけです。
実際にインストールしてみたら、3番~5番まで15分でできました。
以下を参照してください。

PLEXチューナーの場合は、recpt1の修正があるだけで、docker-mirakurun-epgstationで対応してもらえば、さらに簡単になります。

今後の予定

現在3台のマシンで、PX-Q3PE4のdocker-mirakurun-epgstationを稼働しています。

今後の報告として、以下を考えています。

  1. docker版の安定性と性能調査
  2. インストールの簡略化
    PLEXチューナー対応版イメージの公開?

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください