2020年版 EPGStationで連続ドラマを録画する

(2021年3月28日追記)
改訂版を作成しました。

連続ドラマの録画には一手間かかる

EPGStationを使って全録マシンを作りましたが、いくらか無理がありました。EPGStationの有効活用を考えると、ドラマ、アニメ、映画の録画が一番向いていると思います。

ただし、EPGStationで連続ドラマやアニメを録画する時、ワンクールごとにルールを見直す必要が生じます。

もちろん、ざっくりと18時~24時の地上波のドラマを、すべて録画しておくというルールでも十分使えます。

しかし、ドラマごとに整理されて、未視聴分がすぐにわかるととても便利です。

ドラマごとにフォルダー分けできれば、Plex Media Serverで以下のように表示することが可能です。ドラマのポスター表示で、未視聴が何話あるか、一覧で確認することができてとても便利です。

また、ポスターをクリックすると、以下のように一話ごとにあらすじなどを確認できます。

便利ですが、EPGStationでこのようにするためには、以下の操作がドラマごとに必要となります。

  1. 新番組のドラマを検索するルールを作り、新ドラマを見つける。
  2. ドラマごとに新たなルールを作り、圧縮したファイルを入れるフォルダを指定する。
  3. ドラマが終了したら、そのルールを削除する。

ワンクール(およそ3か月ごとに1回)で、ドラマごとにこの作業を行う必要があります。

これがけっこう手間です。

今回、いくらか作業を軽減する方法を考え、実際に運用してみました。

その結果、かなり楽にできることがわかったので、その方法をご紹介したいと思います。

連続ドラマ枠の調査

まず、地上波の18時~24時の間で放送されているドラマを調査してみました。

チャンネルドラマ枠曜日開始時刻時間
NHK
1大河ドラマ200045
2朝ドラ(連続テレビ小説)月火水木金80015
3ドラマ10220045
4土曜時代ドラマ180538
5土曜ドラマ210050
6よるドラ230030
日本テレビ
1水曜夜10時ドラマ220060
2土曜ドラマ220054
3日曜ドラマ220055
TBS
1火曜ドラマ220057
2金曜ドラマ220054
3日曜劇場210054
フジテレビ
1月9210054
2火曜夜9時ドラマ210054
3木曜劇場220054
4オトナの土ドラ234055
テレビ朝日
1水曜夜9時210054
2木曜ミステリー200054
3木曜ドラマ210054
4金曜ナイトドラマ231560
5土曜ナイトドラマ230030
テレビ東京
1月曜ドラマ220054
2金曜夜8時のドラマ200054

2020年11月1日現在、地上波の国内ドラマ枠(18時~24時)は上記の表で確認できます。

これ以外にも地上波には、深夜枠(0時~3時)、海外ドラマ枠がありますが、数は少ない。

また、BS放送の国内ドラマ新作は、NHKBSP、BSフジ、BSテレ東などで、わずかしかありません。ほとんどは国内ドラマの再放送、韓国・中国・USAの海外ドラマです。

今回は、地上波の国内ドラマ枠(18時~24時)の録画予約の事例を紹介します。ただし、設定方法は同じですので、深夜枠、海外ドラマ枠、BS放送ドラマ枠でも適用することは可能です。

EPGStationのルール設定(地上波国内ドラマ枠用)

今回のアイディアは、「ルールの再利用」という方法です。

多くの方は、新規ドラマがあると、そのたびにドラマごとにルールを作成して、ドラマ名のついたフォルダに録画していると思います。そして、ドラマが終了すると、そのルールを削除する。

今回採用した方法は、最初にドラマ枠でルールを作成し、再利用するという方法です。

例えば、多くの新作ドラマが18時~24時に放送されていると仮定して、18時~24時のドラマ枠を以下のように登録してみました。

 

上記のルールで、NHKと民放5局の18~24時のドラマ枠が登録されました。

こうしておけば、ある枠のドラマが始まった時に、ドラマ名をキーワードに入れ、圧縮したファイルのフォルダ名をドラマ名にするだけで登録完了です。

下は、「タリオ 復讐代行の2人」を入力した例です。
「NHK_(金)22_ドラマ10|タリオ 復讐\(ふくしゅう\)代行の2人」とキーワードを入力しているのは、
ドラマ枠名:NHK_(金)22_ドラマ10
ドラマ名:タリオ 復讐\(ふくしゅう\)代行の2人
ドラマ枠名とドラマ名をOR(|)で入れて、「(」は正規表現で「\(」と入力する必要がありました。

このドラマ枠のルールを1回作成するだけで、継続して使えます。

この枠の新規ドラマを登録する時は、キーワードとエンコードのフォルダ名の2箇所の入力だけで済みます。

この枠のドラマが終了した時は、キーワードを「xxx」などと無効な名前にするだけで済みます。

実際に使ってみると、かなり便利なことがわかります。この延長線上に、ドラマの自動録画の可能性が見えてきます。

また、新規ドラマの確認と単発ドラマの録画のために、上記ドラマ枠のルールの後に、以下のルールを入れます。

ルールの順番が重要で、番組が重複した場合、上のルールが適用されます。従って、下にあるルールは、上で漏れてしまったドラマを掬うような役割となり、単発ドラマを確実に録画することが可能です。

ルールの位置関係が重要になるため、本来であればルールの並び替えができると便利ですが、その機能はありません。事前にダミーのルールを登録しておき、必要に応じて使う必要があります。

2020年11月03日 | Posted in 電脳:録画サーバー | タグ: , , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください