2019年版自宅録画サーバーのハードウェア

2019年版自宅録画サーバーを2種類(標準版、簡易版)作成し、運用している。

それぞれの構成は、以下の通りである。

種類標準版簡易版
ケースミニタワーIntel NUC
チューナーPX-Q3PE4
PCI Expressカード
PX-Q3U4
外付けUSB接続
メモリ8GB8GB
SSD128GB以上128GB以上
HDD内蔵外付け

標準版は内蔵のPX-Q3PE4、簡易版はUSB外付けのPX-Q3U4だが、両方ともチューナードライバは非公式ドライバで問題ない。
ソフトウェアの構成は、すべて同じ。

標準版

標準版は、ミニタワーのケースを使用する。

パーツを入れて、組み立てた状態が以下の写真。

裏側に、SSDを装着。下のほうにHDDが見える。

実際の運用時には、アンテナケーブル2本と電源ケーブル、LANケーブルを接続する。

 

PCの自作初心者程度の知識があれば、組立可能である。

パーツリストは以下の通り。

No.カテゴリ品名個数メーカー税込価格
Amazon
2019年6月6日現在
備考
1ケースVersa H17
CS7096 CA-1J1-00S1NN-00
1Thermaltake¥3,139
2電源KRPW-L5-400W/80+1玄人志向¥3,156
3マザーボードH170M-PLUS(中古)1ASUS¥5,850ヤフオク
4CPUi3-6100(中古)1intel¥8,250ヤフオク
5メモリDDR4 PC4-19200 4GB2CFD¥9,482
6チューナーカードPX-Q3PE41PLEX¥20,950
7SSD(240GB)CSSD-S6B240CG3VX1CFD¥3,002
8HDD(4TB)ST4000DM0041Seagate¥7,999
9カードリーダーSCR3310/v2.01SCR¥1,780
合計¥63,608

簡易版

簡易版は、Intel NUCを使用する。
Intel NUCは、メモリとSSDを装着すれば使える、ベアボーンキットである。

パーツリストは、以下の通り。

No.カテゴリ品名個数メーカー税込価格
Amazon
2019年6月6日現在
1NUCBOXNUC6I3SYK1Intel¥43,980
2メモリF4-2133C15S-8GRS (SODIMM DDR4 PC4-17000 8GB)1G.Skill¥10,492
3SSD(256GB)M.2SSDPEKKW256G8XT1Intel¥5,980
4HDD(2.5インチ1TB)HTS541010B7E6101Hitachi¥5,480
5HDD2.5インチケース外付けケース1Beyeah¥1,099
6チューナーBOXPX-Q3U41PLEX¥20,383
7カードリーダーSCR3310/v2.01SCR¥1,780
合計¥89,194

PC自作の知識がなくても、簡単に組み立てられる。

Intel NUCに、メモリとSSD(M.2仕様)を装着する。

装着した結果は、以下の通り。
上にSSD、下にメモリが入る。

これで、蓋を締めて、出来上がり。

これに、USBで、チューナーユニットとHDDを外付けする。

組立完成は、以下の通り。

 

アンテナ線、LANケーブル、電源があれば、どこにでも設置できる。
(無線LANも使えるので、LANケーブルなしもできる。)

まとめ

  1. 2019年版自宅録画サーバーのハードウェアは、標準版、簡易版の2種類を作成した。
  2. 標準版は、PC自作の初心者向け。非常に安定した動作。コストパフォーマンスが高い。
  3. 簡易版は、一般向け。30分あれば組立可能。いくらかTVチューナーユニットの冷却ファンの音が気になる。
2019年06月12日 | Posted in 電脳:録画サーバー | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください