2018年版「Chinachu γ + Plex」サーバーのハードウェア(1)

(2018年8月1日追記)PLEX社製PX-Q3PE4は、CentOS7では、まだ使わない方が良さそうだ。時間が経てばドライバの修正があると考えている。CPU負荷が高いときのBS録画にブロックノイズが出る問題は、まだ解決していない。
(2018年5月8日追記)PLEX社製PX-Q3PE4で、NHKBSプレミアムの
チャンネル変更に対応でき、Chinachuで問題なく番組表、ライブ視聴ができました。
(2018年5月1日追記)ネットワークは使えるようになった。
EthernetコントローラがI219-Vとわかり、検索してドライバを
インストールできた。https://blog.spiralray.net/archives/474
残るは、グラフィックドライバ。
(2018年4月28日追記)実際組み立ててみて、大きな間違いに気がついた。
H370chipsetにCentOSが対応できていなかった。

Windows10が問題なくインストールできたので、勘違いしていた。
インストールはできるが、ネットワークが使えない。
画面が1024×768固定で、その後何もできない。

困った。5月8日に間に合わない。
(NHKBSプレミアムのチャンネル変更対応でPT3用サーバーを急遽立ち上げたが。)

株式会社PLEXがLinux用ドライバをアップデートしてくれればいいのだが。。

とはいえ、今回選択したパーツはフライングゲットしただけで、
そのうちCentOS7がH370に対応すれば問題は解消するはず。
内容はこのまま公開しておこう。

録画サーバーを構成するパーツは、毎年見直しを行っている。

新しいパーツやコストの低下などにより、コストパフォーマンスはどんどん良くなっている。

2018年4月時点で、Chinachu γ + Plex サーバーを構築するために、最適なハードウェアを選んでみた。

録画サーバーの目標値

毎日10本の1時間番組を録画し、1年間保存しておけるサーバーを想定してみよう。

この程度の録画量を想定しておけば、以下のような用途には充分使える。

  • ドラマ・映画(地デジ6局の新規ドラマ・映画、衛星6局の映画。)
  • ニュース・ドキュメンタリー(テレ東・BSジャパンの経済番組やNHK、BS1のスペシャル番組)

この録画した番組を1年間保存しておくために必要なストレージを計算してみよう。

  1. 2018年5月8日時点で、地デジと衛星の多くのチャンネルが16Mbpsになる。
    (NHKBSプレミアムが18Mbps、WOWOWが24Mbpsなど例外はある。)
  2. 帯域が16Mbpsということは、1秒間に2Mbyteのデータ量ということである。
  3. 1時間録画すると、2Mbyte×60秒×60分=7.2Gbyteとなる。
  4. 1か月を30日とすれば、毎日1時間番組を10本録画すると、7.2Gbyte×10×30=2.16Tbyteとなる。
  5. Chinachuで1か月毎日10本録画するならば、3Tbyteあれば1か月分保存できる。
  6. 1か月分の録画ファイルは、ffmpegで4Mbpsのmp4にトランスコードすれば1/4すなわち0.54Tbyteになる。
  7. 1年分の4Mbpsのmp4ファイルを保存するには、0.54Tbyte×12=6.48Tbyte必要になる。

上記の計算により、必要なストレージは以下の通りである。

  • Chinachuの録画用tsファイルストレージ(3Tbyte
  • Plex Media Server用mp4ファイルストレージ(8Tbyte

録画サーバーに必要な条件

Chinachu γ + Plex サーバーに必要なハードウェアの条件をまとめる。

No.カテゴリ必要条件個数備考
1ケース2.5インチシャドウベイ×1
3.5インチシャドウベイ×3
1マザーボードでは、
SATA4本以上が
一般的なので、
HDD1台予備。
2電源400W
80plus Bronze
1CPU65W、HDD5Wを
考慮して、合計200W
以内を想定。
3マザーボードLGA1151
❌370 chipset
170 chipset
1❌第8世代CPU用
❌2018年4月現在
❌CentOS7未対応
4CPU❌第8世代iCore
第6世代iCore
1qsvエンコードを想定
5メモリDDR4 PC4-19200
4GB
2
6チューナーカード地デジ2チャンネル
衛星2チャンネル
2地デジ4チャンネル
は必要と想定
7SSD200GB以上1CentOS7をインストール。
8HDD3TB以上1Chinachu用録画HDD
9HDD8TB以上1Plex用mp4保存HDD
10カードリーダーB-CASカード
読込可能
1
11SATAケーブルSATA3(6Gbps)3SSD,HDD用
マザーボードに2本付属。
追加で1本必要
12アンテナケーブルチューナーカードに
合わせて必要な分岐数
1PT3は、4分岐
PX-Q3PE4は、2分岐
13LANケーブルCAT.61
14電源ケーブル 1電源に付属
15B-CASカード1

更にインストールするために、以下の5点が必要である。

  1. USB接続DVDドライブ
  2. キーボード
  3. マウス
  4. ディスプレイ
  5. HDMIケーブル

私は、インストール用にワイヤレスのキーボード・マウスを用意しており、USB端子にDVDドライブとキーボード・マウス用のトランスミッターを接続して使用している。

インストールが済んだら、DVDドライブもキーボードも取り外している。ディスプレイもリモートデスクトップを使用している。

つまり、PCサーバーに接続しているのは、以下のケーブルのみである。

  1. 電源ケーブル
  2. LANケーブル
  3. アンテナケーブル
  4. カードリーダーのUSBケーブル

各パーツに関して更に解説する。
2018年版 Chinachu γ + Plex サーバーのハードウェア(2)

2018年04月27日 | Posted in 電脳:録画サーバー | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください