ルンバ980を使ってみた(1)導入

アイロボット ファンプログラムの企画でルンバのモニターに参加しています。

3年ほどルンバ780を使っているが、故障することなく毎日きちんと掃除をしてくれる。

ルンバ980のモニターに応募したら、以下の箱が送られてきた。

外箱

ルンバ980の箱の中身は……

早速中身を出してみると、ルンバ980の箱が出てきた。
箱

箱を開けると
箱開ける

箱の中に入っていたものは
ルンバ980中身

ルンバ980本体以外に、バーチャルウォール2個(乾電池単3が4本)、エッジクリーニングブラシ2個、フィルター2個が入っていました。

ルンバ780と980の違いは…..

ルンバ780と比較してみました。
ルンバ780と980の比較

違いはいくつかあります。
(1)ホームベース 形は同じだが、電源コンセントのACアダプタがなくなっている。
(2)本体 形状は同じだが、ボタンの位置が移動し、中央にビジュアライザー(カメラ?)のようなものがある。
(3)バーチャルウォール 形状がスリムになっている。
(4)フィルター 780では2個使いだったが、980では1個になり大きくなった。

運転開始にするには……

ルンバ980を運転開始にするには、まず本体裏側にある黄色い保護紙と絶縁シートを取り除く。

裏側

取り除いた状態が、以下のとおり。
黄色い紙はずす

ホームベースを設置します。
ドック設置

そして、ルンバ980をホームベースに設置します。
準備完了

初運転!

本体のボタンを押すと、出てきました。

始動1

音は、ルンバ780よりいくらか小さい気がします。
始動2

iPhoneアプリも…….

iRobot homeというiPhoneアプリをインストール。
IMG_6734

第1回目の掃除の履歴は以下のとおり。
IMG_6735

箱を開けてから、清掃開始まで1時間はかかっていませんでした。掃除は32分で完了。ルンバ780では、いつも1時間実施して、ホームベースへ帰っていましたが、ルンバ980は半分の時間で完了しました。

2015年11月01日 | Posted in Topics, 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください