自作>地デジチューナー導入準備のためのビデオカード

いよいよ地デジチューナー/キャプチャーカードが5月中に販売が開始される。そこでハイビジョンに対応するために、液晶ディスプレイとビデオカードをグレードアップすることにした。地デジのハイビジョンに対応するために、いくつかの条件がある。
1.WUXGA(Wide Ultra XGA) 1920 x 1200の解像度
2.HDCP(High-bandwidth Digital Content Protection system)対応
上記の規格に対応した液晶ディスプレイとビデオカードが必要である。そこで、第一弾として、ビデオカードを購入した。ASUSのEAH3450 256MBだ。

powerd by Amazon360

T-Zoneで限定特価4980円で購入することができた。
EAH3450.JPG

このビデオカードを選んだ理由はいくつかある。

選択条件は以下のとおり。
①マザーボードがN4L-VHなので、PCI Express x16のビデオカード。
②静音仕様のPCなので、ファンレスが望ましい。
③ビデオ再生が中心なので、ATI Radeon系が良い。
④ここ半年くらいに発売されたものから選ぶ。
⑤WUXGAとHDCPに対応。
⑥値段は1万以下。
その結果、2008年2月発売のASUS EAH3450が条件に合致した。

取り付けは非常に簡単だった。カードを取り付けて起動し、ビデオカード付属のCD-ROMからドライバーをインストールするだけだ。

これで、PC側の準備は完了したので、次は液晶ディスプレイである。今のところ、候補は、BenQのW2400GW。

BenQ 24インチ ワイド液晶ディスプレー ブラック G2400W
ベンキュージャパン
2007-10-19
定価 ¥ 62,801
おすすめ平均:
あくまでも値段相応ですが…
あくまでゲーム向け
グラフィックには不向き
powerd by Amazon360

地デジチューナーは、アイオーデータのGV-MVP/HSかバッファローのDT-H50/PCIのどちらかから選択することになりそう。ただし、以下の条件がクリアできるまでは買うつもりはない。
①コピーの制約が、せめてコピーテンスくらいまで緩和される。
②録画フォーマットがMPEG-4 AVCになる。

2008年04月30日 | Posted in 電脳:自作 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください