PC: Movable Type 3.32へのアップグレードで失敗したこと

昨日Movable Typeを3.32へ無事アップグレードできたと思っていたのですが、とんでもない勘違いでした。再び編集できるようになるまで、丸一日費やしました。

しかし、このトラブルがノウハウを習得する良い機会だったと、現時点では思っている。
失敗した点は二つ。

①perlを5.6.1から5.8.8にバージョンアップしたこと。
②MySQLを4.0.18から4.1.21にバージョンアップしたこと。

このわずかなバージョンアップが、丸一日費やすトラブルに発展した。


①の解決
perlをバージョンアップするだけなら簡単だが、Movable Typeを動かすために重要なモジュールがある。
それは、次の三つだ。
 DBI
DBD-mysql
ImageMagick
上の二つはMySQLに接続するために必要なもので、最後はアップロードする画像のサムネイル作成で使用する。どちらもmt-check.cgiで検証する項目となっている。
バージョンを5.6.1から5.8.8にあげると、今までのモジュールが使えなくなってしまうのだ。
上の二つは、5.8.8と一緒にインストールされるPerl Package Managerを使って簡単にインストールできる。ImageMagickは、http://www.imagemagick.org/からImageMagick-6.2.9-7.zipをダウンロードして、インストールを行い、リブートした結果、使えるようになった。

②の解決
MySQLの方は、今まで動いていたバージョンをきちんと削除しないと、新しいバージョンがインストールできないだけですが、以下の手順を覚えておく必要がある。
コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」でMySQLを削除するだけでなく、サービスを止めておく必要がある。コマンドプロンプトから、
c:\>NET STOP MySQL
サービスの登録を削除しておかないと、次にインストールする際にうまくいかない。
c:\mysql\bin>mysqld –remove
こうしておけば、新たにインストールする時に問題はおこりません。

それから、ついでですが、MySQLのユーザー管理、データベース管理をGUIベースで行えるツールとして、Navicatを紹介しておきます。30日間無償バージョンがあるので、いざというとき便利です。
http://www.navicat.comでダウンロードしてください。

2006年09月30日 | Posted in 電脳:MovableType | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください