Apple Watch Nike SEのFirst Impression

Apple Watch Nike SEを購入しました。2020年9月27日午前中に家に届きました。

購入の経緯

Apple Watchとの付合いは、2017年10月からです。

2017年10月26日 Apple Watch Nike+ Series 3を購入。
2018年02月25日 東京マラソンでゴールまで計測。(心拍センサは使用せず)
2020年09月27日 Apple Watch Nike SEを購入。

今回Apple Watch Nike SEを購入した動機は、3つあります。

  1. フルマラソンを余裕で計測する。
    Series 3では、心拍センサを止めても、最後の2キロほど計測が不安定でした。
    SEでは、電池の持ちも良くなっているようなので、期待しています。
  2. タッチを余裕で押せる。
    外形が42mmから44mmと少し大きくなっている。
    また、表示エリアも少し大きくなっている。
    これで、パスコードの入力がいくらか楽になる。
  3. 価格が抑えられている。
    Series 3 GPSは、42,980円。
    今回は、「29,800円から」という広告に惹かれて。
    実際には、以下のとおりでした。
    Nike SE 44mm 32,800円
    AppleCare+    4,800円
    消費税       3,760円
    —————————-
    計       41,360円
    AppleCare+も付いて、Series 3より1,620円安くなりました。

注文から届くまで

2020年09月17日 注文
2020年09月20日 出荷(上海)
2020年09月22日 発送(上海)
2020年09月26日 日本到着
2020年09月27日 配達完了

ということで、注文から10日で入手できました。

Nikeバージョンなので、上海から入ってきたのかもしれません。

箱を開ける

箱を開けると、中に黒い箱が。Nikeのマークが付いています。

Series 3とSEの箱を比べてみました。左がSeries 3です。

SEは、高さが半分以下で、長さもいくらか短くなっています。

中を開けると、黒い箱が2つ入っています。

バンドと本体です。

本体の箱には、本体と充電ケーブルが入っています。

中身を取り出すと、これが本体と充電ケーブルです。

こちらは、バンドです。

バンドの片方と本体を接続したところ。

もう片方も接続したところ。

iPhoneと連携させて、完成した状態。箱を開けてから、40分くらいはかかるかもしれません。

それではランニング

Apple Watch Nike SEですから、早速ランニング。

光が丘公園を走った結果。

特に問題なしというより、「Series 3よりSEは安定感が増している。」

手首をひねって時計を見るときも、Series 3よりSEの方が表示が速い。
1キロごとの音声アナウンスも声が明瞭に聞こえる。

iPhoneでのマップ表示も問題なし。Series 3の時は、ランニング終了後、10分程度しないと
iPhoneで結果が表示されなかったが、SEではすぐに結果を確認できた。

まとめ

今回AppleWatchをSeries 3からSEに買い替えたが、大成功でした。

  1. 価格は、前回と同じ4万ちょっと。
    Series 3はオークションで15,000円程度で売れるので、実質25,000円程度で購入できたことになる。25,000円ならば、十分満足できる。本来は、初めから2万くらいで買えるようにしてほしい。
  2. 性能は安定感あり。
    ランニングを1回しただけでわかるくらい、以前より安定感がある。
  3. 画面が見やすい。
    42mmから44mm以上に、画面の大きさが違う。パスコードが入力しやすくなった。
2020年09月27日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください