2018年版 CentOS 7.4 SDメモリーカードを使ってインストール

CentOS 7.4を、2018年に入ってから10回ほどインストールした。
同じことを繰り返すのは、やはりつらい。しかも、それなりに時間がかかる。

今回は、CentOS 7.4のインストール時間の短縮について報告する。

インストール検証環境

CentOS 7.4をインストールするために必要な環境について説明する。
インストールを実行するためには、2台のPCが必要である。

  • インストールメディア作成用PC
  • インストール用PC

 

  1. インストールメディア作成用PC
    PCにOSをインストールするためには、インストールメディア(Disc、SSDなど)が必要である。そのインストールメディアを作成するためのPCが必要である。今回は、Windows10 Home 64bit 日本語版が使える自作PCを使用した。
    自作PCの主な仕様は、以下の通りである。
    項目内容備考
    CPUIntel Core i7-4770
    第4世代Haswell
    メモリDDR3-PC800
    16GB(8G × 2)
    マザーボードASUS P8H97-PRO
    SSD120GB
    HDD2TB × 2
    OSWindows 10 Home 64bit
  2. インストールするPC
    CentOS 7.4をインストールするPCの仕様は、以下の通りである。
    項目内容備考
    CPUIntel Core i3-6100
    第6世代Skylake
    メモリDDR4 PC4-17000
    8GB(4G × 2)
    マザーボードASUS H170M-PLUS
    SSD256GB TS256G SSD370
    OSCentOS 7.4 64bitCentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso

従来のインストール手順

CentOSのインストールには、外付けDVDドライブを今まで使っていた。
今回使用した外付けドライブは、以下のとおりである。
[amazonjs asin=”B01M049E02″ locale=”JP” title=”BUFFALO 書き込みソフト添付 ポータブルBD レッド BRXL-PT6U2V-RDC”]

具体的な手順は、以下のとおりである。

  1. インストール用DVDの作成
    1. CentOSサイトから、インストール用のISOファイル(CentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso)をダウンロードする。
    2. ダウンロードしたISOファイルをDVD-Rに書き込む。(DVD Decrypterを使用)
  2. 作成したDVDを使ってインストール
    1. 作成したDVDを外付けDVDドライブに入れ、外付けDVDドライブをインストールするPCのUSBポートに接続する。
    2. インストールするPCを起動し、BIOS画面で外付けDVDドライブを起動ドライブに設定する。
    3. インストールするPCを再起動する。
    4. 画面のインストール手順に従って、CentOSをインストールする。

「インストール用DVDの作成」は、1回行うだけだが、「作成したDVDを使ってインストール」は繰り返し行う作業である。

その結果は、以下の通りである。

項目結果備考
メディアの作成時間
(DVD-R)
10分16秒4.4GB
CentOS 7.4
のインストール時間
20分58秒Gnome Desktopでオプション
(スマートカードサポートを除く)
「インストール開始」から
「再起動」ボタン表示まで

新しいインストール手順

今回新たに考えたインストール手順は、SDカードを利用する。

以下の2つを使う。

[amazonjs asin=”B07BSF7XTN” locale=”JP” title=”Transcend SDHCカード 8GB MLC UHS-I Class10 TS8GSDC500S”]
[amazonjs asin=”B01H00CFIC” locale=”JP” title=”iBUFFALO USB3.0 microSD/SDカード専用カードリーダー シルバー BSCR27U3SV”]

  1. インストール用SDカードの準備
    SDカードは、書き換え可能なメディアであり、DVD-Rと違って再利用ができる。これは、大きなメリットである。必要なときにファイルをダウンロードして、書き込みを行えば良いので、無駄がない。

    1. CentOSサイトから、インストール用のISOファイル(CentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso)をダウンロードする。
    2. SDメモリーカードをSDカードリーダーに挿入し、SDカードリーダーをインストールメディア作成用PCのUSBポートに接続する。
    3. ダウンロードしたISOファイルをSDメモリーカードに書き込む。(rufusを使用)
  2. 書き込まれたSDメモリーカードを使ってインストール
    1. 書き込まれたSDメモリーカードを挿入したSDカードリーダーをインストールするPCのUSBポートに接続する。
    2. インストールするPCを起動し、BIOS画面でSDカードリーダーを起動ドライブに設定する。

    3. インストールするPCを再起動する。
    4. 画面のインストール手順に従って、CentOSをインストールする。

その結果は、以下の通りである。

項目結果従来の結果備考
メディアの作成時間
(SD HC UHS-I Class10)
5分21秒
10分16秒4.4GB
(SD HC Class4では,21分)
CentOS 7.4
のインストール時間
8分42秒20分58秒Gnome Desktopでオプション
(スマートカードサポートを除く)
「インストール開始」から
「再起動」ボタン表示まで

検証結果

CentOS 7.4をインストールを短時間で行うために、SDメモリーカードを使う方法を検証した。

その結果、以下のとおりである。

  1. メディア作成時間は、10分16秒から5分21秒に短縮できた。
  2. CentOS 7.4のインストール時間は、20分58秒から8分42秒に短縮できた。

SDメモリーカード8GB(SDHC 8GB MLC UHS-I Class10)とカードリーダーは、合計で2000円以下で購入できるので、コストパフォーマンスはとてもいい。

2018年09月29日 | Posted in 電脳 | タグ: 3 Comments » 

関連記事

コメント3件

  • こやた より:

    こんにちは。はじめまして。
    CentOSのバージョンについて質問させてください。
    CentOS 7.4をご利用されているとのことですが、CentOSのisoファイルのダウンロードリンクなどは
    CentOS-7-x86_64-DVD-1804.isoと記載されており、この1804はCentOS7.5となります。
    これは当初7.4をご利用されていましたが、現状は7.5をご利用されているということでしょうか?
    それとも1804が誤りで、正しくは1708でしょうか?
    お手すきの際にご教示いただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

  • simplelife0530 より:

    記述が間違ってました。
    (x)CentOS-7-x86_64-DVD-1804.iso
    (○)CentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso
    です。
    記事も修正しておきます。qsvのインストールでバージョン指定しているので、
    CentOS7.4ならば何も問題なくインストールできます。
    リンク先も変更しました。
    http://archive.kernel.org/centos-vault/7.4.1708/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-DVD-1708.iso

  • こやた より:

    CentOS7.4(1708)が正しいこと承知致しました。
    早速のご回答ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください