ChinachuでBSジャパンが録画できない場合の対策(2018年4月16日以降)

突然、BSジャパンの「日経プラス10」がChinachuで録画できなくなった。

調べたら、BSジャパンのチャンネルが2018年4月16日6時に

BS03_1 ⇨ BS01_2

に変更になっていた。

BS右旋帯域再編とは

総務省のサイトに、「BS右旋帯域再編に関するお知らせ」があった。

4K8K衛星放送を行うために、帯域を再編する。

BS5局(朝日、TBS、Japan、日テレ、フジ)とNHKBS2局の帯域を圧縮し、BSジャパン、NHKBSプレミアムなどを移動し、空いた所にBS4Kの6局を作る計画だ。

最初に、帯域削減を実施する。その日程は以下の通り。

年月日放送局時間
2018年
1月14日(日
NHK (BSプレミアム)01:00~06:00
NHK (BS1)
2018年
1月22日(月)
BS 朝日01:00~06:00
BS-TBS
2018年
1月29日(月)
BS 日テレ01:00~06:00
BS フジ

次に、空いた所にBSジャパンとNHKBSプレミアムなどを移動する。

年月日放送局時間
2018年
4月16日(月)
BS ジャパン00:00~06:00
2018年
5月8日(火)
NHK (BSプレミアム)00:00~06:00
2018年
5月22日(火)
ディズニー・チャンネル00:00~06:00
BS アニマックス03:00~06:00
2018年
5月28日(月)
スターチャンネル 200:00~06:00
スターチャンネル 3(前日)23:30~
(28日)08:00

そして、2018年12月からBS4Kの放送が始まる。

2018年4月16日以降のBSジャパンの変更点

私は、CentOS7でChinachuを利用している。今回のチャンネル変更に関しては、mirakurunで対処することができる。はずだったが、使用しているチューナーカードで対応が異なる状況になっている。

チューナー
カード
mirakurunrecpt1
ドライバ
説明
PT3/usr/local/etc/mirakurun/
channels.yml
を修正する。

(mirakurun config channels
を実行してもできる。)
変更なしmirakurun restartを
実行した後、
「ライブ視聴」や
「番組表」でBSジャパンを
確認できる。

特に問題は起こって
いない。
PX-Q3PE4、
PX-W3PE4
上記と同様変更の
必要あり
PLEX社から提供されている
recpt1とドライバは、
チャンネル変更のたびに
修正が必要かもしれない。

2018年4月23日現在、
対処できず、
BSジャパンは録画できない。

(2018年5月8日6時39分追記)
NHK BSプレミアムは、
番組表、ライブ視聴が
できることを確認。

channels.ymlを以下のように修正する必要がある。

<修正前>

- name: BSジャパン
  type: BS
  channel: BS03_1
  serviceId: 171

<修正後>

- name: BSジャパン
  type: BS
  channel: BS01_2
  serviceId: 171

2018年5月8日以降のNHKBSプレミアムの変更点

channels.ymlを以下のように修正する必要がある。

<修正前>

- name: NHK BSプレミアム
  type: BS
  channel: BS15_1
  serviceId: 103

- name: NHK BSプレミアム (サブ)
  type: BS
  channel: BS15_1
  serviceId: 104

<修正後>

- name: NHK BSプレミアム
  type: BS
  channel: BS03_1
  serviceId: 103

- name: NHK BSプレミアム (サブ)
  type: BS
  channel: BS03_1
  serviceId: 104

今後の課題

(1)PLEX社のチューナーカードは、当面使わない方が良い。販売は終了しているが、PT3の中古品を使った方が無難だろう。

(2)2018年5月8日にNHKBSプレミアムがBS15_1からBS03_1になる。こちらの方がインパクトは大きい。PLEX社には、チャンネル変更に依存しないrecpt1とドライバをこのタイミングで提供して欲しい。

(2018年5月8日6時39分追記)PX-Q3PE4で、NHK BSプレミアムの番組表、ライブ視聴ができることを確認。
おそらく、元BSジャパンのチャンネルなので、ドライバが対応できたのかもしれない。

2018年04月23日 | Posted in Topics, 電脳:録画サーバー | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください