ブラーバジェット240で、どのくらい汚れは取れるのか。

ブラーバジェットには、3種類の動作モードがあります。
(1)ウェットモップ
(2)ダンプスウィープ
(3)ドライスウィープ
その中で最も汚れが取れる、ウェットモップモードをダイニングキッチンで試してみた。

ウェットモップモードでダイニングキッチンをきれいにする

床面積15㎡ほどのダイニングキッチンで、ウェットモップモードを使った結果は、これです。

ウェットモップ使用後1

毎日ルンバが掃除し、1週間前にクイックルワイパーのウェットシートで水拭きしても、これだけホコリがとれました。しかも、フローリングは気のせいかもしれませんが、裸足で歩くとサラッとドライな足ざわり。

さらに1週間後に、同じ場所でウェットモップモードをかけた結果は、これです。

ウェットモップ2

1週間前と同じくらいホコリが取れています。これなら、夏はフローリングを裸足で歩く生活ができそうです。

スウィープモードでベッドルームをきれいにする

今度は、床面積20㎡ほどのベッドルームの掃除をブラーバにしてもらいました。こちらは、ダイニングキッチンのように、こぼしたりするような汚れは付かないので、スウィープモードを使ってみた。

こちらもルンバを使って、週2回ほど掃除を行っている。しかし、クイックルワイパーをかけるのは月に1回程度。ほとんど汚れることはないが、空気中のホコリが僅かずつ積もるところを、ルンバが回収してしる。

最初にドライスウィープモードをかけてみた。

ドライ前後

思っていた以上に、ホコリが取れました。ルンバがどれだけ効果があったのか、少し疑問に思うほどです。

さらに同じ場所で、ダンプスウィープモードをかけました。こちらは、水を飛ばしますが、ウェットモップモードの3回拭きほど丁寧ではなく、2回拭きになります。

ウェット使用前後

やはり、ドライスウィープではとれないホコリがあるので、水拭きはなかなか効果が大きいことがわかります。

ルンバとブラーバの連携が効果的なのか

ルンバだけでは、ダイニングキッチンはきれいにならないことがわかっていたので、今までクイックルワイパーを併用していた。今回ブラーバを使ってみて、水拭きがかなり効果があることが実感できた。

では、ルンバはいらないかと言えば、そこまでブラーバを使うわけにはいかない理由もある。

  1. ブラーバは、充電した電池を入れ、水を入れ、パッドをセットする必要があり、毎日自動で動かせない。
  2. 使用するパッドは、1枚130円(税込)である。

つまり、毎日の掃除は自動運転できるルンバにまかせて、週末の念入り掃除はブラーバを使うのが、良さそうに思える。

今回ブラーバを使ってわかったことは、ルンバだけではきれいにならないし、その汚れ具合が可視化されたということである。

とにかく週末は、ブラーバやクイックルワイパーや水拭きモップを使って、掃除をしなければいけない。1週間でこれだけ汚れるのですから。

2016年08月24日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください