オムロン〔ねむり時間計 HSL-004T〕を2週間使った感想

オムロン ヘルスケア オフィシャルレポーターのモニター企画で〔ねむり時間計 HSL-004T〕をお借りしました。第2週の週間グラフは、こんな感じになりました。

週チャート間
2週間使ってみて、使い続けようと思いました。その理由は、

  1. 目覚ましとして使える。
    ねむり計の本来の役目は、睡眠の質を測ることです。ただし、使い続けるためには、まず目覚ましとしてきちんと機能する必要があります。その点で、ねむり時間計アプリは合格だと思います。目覚めの音楽設定は、どの目覚ましアプリにもあると思いますが、睡眠開始時の音楽設定があるところが気に入っています。
  2. 寝室環境を確認できる。
    ねむりの結果で、睡眠開始・睡眠中・睡眠終了時の室温と湿度を表示してくれる。これは、今まで使っていた睡眠アプリではできなかったこと。寝室の環境がわかれば、エアコンの設定も最適化が可能となる。
  3. 測定結果をわかりやすく表示
    主に見ているのは、週間グラフとねむりタイプ。睡眠の質をわかりやすく表示してくれる。

2週間使っている間、操作上問題だと思ったことが2点ありました。

  1. ペアリングと通信ONを間違える。
    ねむり計の裏側に「SET」というボタンがあります。長押しでペアリング、クリックで通信ONということになっていますが、ねむり計の状態表示画面では、PとOで表示されます。これが、理解できていなかったため、PをOと勘違いしていました。ペアリングというのは、初期設定の時しか使いませんが、何故か長押しで通信ONになっていると勘違いしていました。
  2. 通信ONにするのが、難しい。
    時々、目覚めの時ねむり時間計アプリで、通信できませんというメッセージが出ます。この時、ねむり時間計の裏側のSETボタンをクリックすれば、通信が始まり、睡眠中のデータがねむり時間計アプリに転送されます。このSETボタンのクリックが、意外に面倒です。表のボタンを押したら通信ONでいいように思うのですが、なぜこんなに面倒な操作になったのでしょうか。

ねむり時間計アプリでの音楽の設定をした状態です。寝る時にThomas Hardin Trio(架空の名前らしい)「Get Back In Love」がかかり、起きる時は山下達郎「君の声に恋してる」がかかるようになっている。特に寝る時の音楽は効果があり、いつも最後まで聞かないうちに寝ている。

選曲

眠りの結果として、寝室環境を表示してくれるのは、とても良い機能。

眠りの結果
5月、6月は快適な環境だが、夏や冬の状況でエアコンの設定を考えるのに役に立つと思う。

ねむりタイプの表示は面白い。睡眠アプリでは、もっと細かくいろいろな情報を表示してくれるものもあるが、自分自身どう評価していいかわからない情報も多い。いびきを録音してくれたり、眠りの深さを表示してくれる機能は、今後追加してもらえればいいと思うが、通常はねむりタイプくらいでいいと思う。

ふくろうタイプねこタイプ

これは、通信待ちの状態。
通信待ち

こちらが、ペアリングの状態。
ペアリング

確かに間違う方も間違う方だが、もっとはっきり違うようにできないものだろうか。

それよりも問題は、SETボタン。
IMG_7491

通信ONにするために、これを1回クリックするのだが、状態の確認は表の状態表示。しかも長押ししてしまうとペアリングになってしまう。通信ONにする必要が3日か4日に1回の頻度で起こっているので、操作がいくらか面倒である。改良してもらいたい。表にボタンをつけるとか、表のボタンで通信ONにできないのだろうか。

2016年06月14日 | Posted in 身体, 電脳 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください