モバイル>iPhoneのパケット通信料節約術

通話料金の節約方法がわかったので、パケット通信を何とかできないか調べてみました。パケット定額フルの開始料金は、1029円です。Pocket WiFiを使い始めたので、3G回線のパケットを使わないように工夫したつもりでしたが、なぜか月初めから3,4日たつとすぐに上限額の4410円まで行ってしまいます。

調べた結果、3G回線のパケットを遮断するプロファイルがあることがわかりました。プロファイルは、iPhoneの設定>一般>プロファイルの場所に登録するもので、公衆無線LANし放題やティザリング用(iPhone Packet Flat usim)などを今まで登録していましたが、その場所にAPN disablerというものをインストールすると3G回線のパケットを使わないようにできます。

apndisabler.jpg

詳しくは、以下のサイトを参照してください。

iPhoneをパケット下限で使い倒す方法 APN Disabler 導入まとめ

実際に導入する手順は、以下のとおり。


APN disabler.mobileconfigをダウンロードする。

②APN disabler.mobileconfigをメールに添付して、インターネット経由で送る。

③iPhoneのメールで受信後、メールを開き添付ファイルをクリックする。「インストール」ボタンをクリックする。

④iPhoneの設定>一般>プロファイルを開き、APN disablerがあることを確認する。


これだけです。通信料金は、iPhoneの「Y! SoftBank」から、My SoftBank>オンライン料金案内>確定前料金照会、で見ることができます。

APN disabler.mobileconfigを導入して困ったことは、今のところ一つだけで、DocomoやAUの携帯からくるメールが受けられないということです。これはインターネットメールのアドレス(例えばgmail)をDocomo, AUのユーザーに教えれば解決すると思います。

これで、iPhoneのパケット通信料金を1029円にすることが可能です。

2009年12月14日 | Posted in モバイル | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください