モバイル>iPhoneの通話料金節約術

2009/12/30 以下の記事には一つ間違いがありました。

skypeoutの料金では、通話料金とは別に接続料がかかることを考慮していません。
しかし、skypeのサイトを相当探さないと、接続料金(1通話9.9円)がかかることはわかりません。詐欺に近いですね。

SoftBankの通話料金体系は、非常に単純だ。
ホワイトプランを使えば、1時-21時までのSoftBank同士の通話し放題。
ところが、以下の場合は通話料金は、21円/30秒と非常に高い。
①21時-1時の間のSoftBank同士の通話。
②Docomo, AUなどの携帯や固定電話の通話。
どう考えても、②は高すぎる。

それでいろいろ検討した結果、

「iPhoneユーザーで、
 固定電話に月間75分以上通話する、
 或いは他社携帯電話に121分以上通話する場合は、
 Pocket WiFiを購入して
 SkypeOutを使う。」

というのが2009年12月12日現在の結論です。PC, NintendoDS, PSPなどで通信するために、既にPocket WiFiを持っている人は、何も考えずSkypeOutを使いましょう。

まず、iPhoneで固定電話にかける場合、SoftBankとSkypeOutの料金を比較してみよう。
iPhone-kotei.JPG

SoftBankが青線、Skypeoutが黄線である。非常に大きな差があり、60秒で39.34円もSkypeoutが得になる。参考にひかり電話の料金も掲載した。次にiPhoneで携帯電話にかける場合、 

 

SoftBankとSkypeOutを比較したのが、以下の図である。

iPhone-keitai.JPG

 

 

こちらは、固定電話ほどではないが、60秒で24.5円SkypeOutが得になる。

従って、SkypeOutを使うことで通話料金を大幅に減らせることはわかったが、常にSkypeOutを使うことになると、常時無線LAN環境につながっている必要があり、現時点(2009年12月12日)では、イーモバイルのPocket WiFiを使うしかない。Pocket WiFiは、にねんMの契約で5980円で購入できる。月額料金は、バリューデータプランで2980円(300MBまで)である。この月額料金を固定電話、携帯電話の差額で割ることで、Pocket WiFiの月額料金を相殺できる時間を計算した。

 

固定電話  2980÷39.34=75.74(分)

携帯電話  2980÷24.5=121.63(分)

ここで計算した時間以上通話するのであれば、Pocket WiFiの月額料金を含めてもお得になる。しかし、Pocekt WiFiの様々な利点を考えると、この半分以下でも十分得をしたとユーザーは感じるはずだ。

ということで、結論は、これです。

iPhoneユーザーは、全員Pocket WiFiを購入して、SkypeOutを使おう。

2009年12月12日 | Posted in モバイル | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください