電脳>Snow Leopard搭載Mac miniとWindows7

2009年10月22日は、私のDigital DEN(日本語にすると電脳的隠れ家)の新たな出発の日になりました。

午前中に二つのものが届きました。
①Snow Leopard Server搭載Mac mini
②Windows7 Home Premium Family Pack

昔と違って、これを設定して使えるようになるまで、それぞれ2時間、1時間×2台ですみました。少し前までは、一つが一日仕事でしたが、簡単になったものです。

第一印象としては、Snow LeopardもWindows7も甲乙つけがたい出来です。両方とも見た目、応答速度とも良好です。Macは昔からかもしれませんが、Windows7も迷うことが少なくなりました。両方持っている方が楽しいことは間違いありません。これに、SUSE linuxが追加されるのですが、こちらはまだSnow LeopardやWindows7の域までは、UIが追いついていません。

現在悩み中は、1台の24インチ液晶ディスプレイと無線のマウス・キーボードで3つを簡単に切り替えて使うためには、切替器なのか、リモートデスクトップなのか?
つまらない、そして贅沢な悩みです。

2009年10月23日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください