身体>iPhone 3G SとNike+

何とかNike+を使うことができました!

1週間くらい悪戦苦闘しましたが、それだけの価値はありました。
これはジョギングするために必須の道具だし、とても楽しくなります。

Nike+のメリットは以下のとおり。
①記録が残る。 走った距離と時間をきちんと測れて、記録が残せる。これはいいですね。
②走っている時に途中経過を教えてくれる。 後何キロとか後何分とか教えてもらうとやる気が出る。

Webを調べると、非常に詳しく教えてくれるブログがありました。詳細はそこを見ていただくとして、ポイントをまとめておきます。

Nike+のために必要な道具は、
①iPhone 3G S
②ポーチ(iPhoneを入れるもの、ウェストかアーム)
Apple Nike+iPodSensor MA368J/B
④Nike+対応シューズかセンサーホルダー

私は、以下のものを入手しました。

NIKE(ナイキ)
おすすめ平均:
iPhoneでも使えます。
近所のジョギングならこれで十分
機能・デザインともGOOD!

アップル
2008-10-17
おすすめ平均:
今年2つ目です。
二つあると安心だが、、、
いい感じです

Marware
2006-11-14
おすすめ平均:
違和感がないわけでは無いが
雨にも振動にも・・・負けず
自分に合ったシューズで使える

powerd by Amazon360

入手してから、きちんと計測できるまでに1週間かかってしまいました。

私がきちんと計測できるまでに時間がかかった理由は、いくつかのミスがあったからです。
①センサーの裏表が影響することを知らなかった。
 センサーホルダーに入れるときに間違って、アップルとナイキのマークがついている面を下向きにつけてしまった。これが精度に大きく効くようだ。マークがある面を上に向けてつければ、問題ありません。

②最初に「調整」をする必要があったにもかかわず、実施していなかった。
 ワークアウトの画面で調整を選び、400mをランニングして調整した後は、計測は正確になった。

adjust.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ワークアウトの実行時、イヤーフォンのスイッチが使えることを知らなかった。

workout.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の画面で、リモコンを使って、開始、一時停止が操作できるので、この画面がでたら、ポーチに入れて、リモコンから開始が操作でき、途中で信号などで停止する場合も一時停止ができ便利。

いろいろミスはありましたが、以下のように10Kmを計測できました。スロージョグです。

result.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年09月13日 | Posted in スロージョグ | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください