録画サーバーChinachuをUbuntu 14.04で使う(2)

(3)ハードウェア

今回は、動作確認が目的なので、余っているPCにインストールを行った。

No.カテゴリ品名個数メーカー
1CPUi5-2400S 2.5GHz1intel
2マザーボードP8H67-V1ASUS
3メモリDDR3-1066 4GB2CFD
4SSD256GB1ATA
5HDD
HDD
2TB
320GB
1
1
Hitachi
6チューナーカードPT22EarthSoft
7カードリーダーSCR3310/v2.01SCR
8電源コアパワー4(400W) 1サイズ

第二世代のIntel Coreだが、8番組同時録画でもパフォーマンスは問題なかった。

(4)インストール

以下の手順でインストールを行った。

1Ubuntu 14.04 LTS日本語 Remixをインストールする。リリースサイトUbuntuのリリースサイトにアクセスする。

64ビット版ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)をダウンロードする。

ダウンロードしたISOイメージでDVDを作成し、インストールするPCをDVDから起動する。

画面の指示に従って、インストールを行う。
2PT2ドライバのインストール

ICカードリーダーのドライバをインストールする。

arib25のインストール

recpt1(録画ツール)のインストール
以下のサイトを参照

http://archive.side2.net/wiki/index.php?Computer/Linux/PT2
3chinachuをインストールする。以下のサイトを参照

https://github.com/kanreisa/Chinachu/wiki/Installation

(5)今後への期待

録画サーバーとして安定しており、機能としても基本は押さえている。
今後の改良点として、以下のことを考慮してほしい。

  • LAN経由あるいはインターネット経由で、安定して再生できるようにする。
    現状ストリーミング再生は可能だが、時々止まることがあり、画質も悪い。MP4へのトランスコードが必要である。
  • ファイルの削除のしやすさ
    不用な録画ファイルを整理する機能が必要。他のツールで一括削除などは可能だが、ブラウザだけで操作できれば使いやすい。

他にも細かい機能の追加は必要かもしれないが、上記2点があればAnime Locker 4.0と比較できるレベルになる。

2015年02月12日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください