CentOS上の録画サーバー foltia ANIME LOCKER 4.0のFirst Impression

CentOS上で動く自動録画サーバーがあるというので、お試し版をダウンロードして、使ってみました。条件を満たせば、誰でも簡単にインストールでき、録画サーバーを運用できます。foltia ANIME LOCKER

動きも安定していたので、ベクターでライセンスキーを7,757円で購入しました。製品版で1週間ほど使ってみての感想は以下のとおり。

  • 安定した動作
  • iPhoneで、録画視聴もリアルタイム視聴もできる。
  • CMカットがほぼきちんとできる。

(2015.6.8追記 iPhone 6 plus、iOS8.3のSafariブラウザで、問題なく再生ができた。ただし、簡易パスワード設定がある場合、Chromeブラウザでは引き続き再生できないことを確認した。)

(2015.2.21追記 ASUS MeMO Pad 7のChromeブラウザでは、問題なく録画再生、リアルタイム視聴ができる。非常に安定しているので、モバイルで視聴する場合は、Android端末がおすすめ。)

(2014.9.21追記 iOS8に上げたら、途端に再生できなくなった。さらにiPhone 6 plusに機種変更したが、同様の症状。iOS8で何か変更があった模様。)

要するに実用的レベルであるということ。

Windowsで、TVRockとMediaConverterを使わなくなる日も近くなってきた。

詳細は別に報告するとして、上記3点について具体的に説明を付け加えておく。

安定した動作

サーバーとして、安定した動きである。1週間の運用の中で、mpeg-4への変換で一度詰まったことがあるが、その後はノンストップで動き続けている。構成を以下に示す。

No.カテゴリ品名個数メーカー
1CPUi5-44601intel
2マザーボードH97-PRO1ASUS
3メモリPC3-10600 2GB2CFD
4HDD500GB1Hitachi
5HDD2TB4Hitachi
6チューナーカードPT22EarthSoft
7カードリーダーSCR3310/v2.01SCR
8電源コアパワー4(400W) 1サイズ

起動用ディスク   2.5インチ500GB
録画用ディスク 3.5インチ2TB × 4台

録画一覧

録画領域として、8TBを確保できている。(画面上HDD容量7.3TBとなっている。1024バイト換算。) 現在は2TBのHDDまでしか対応していないので、2TB以上のディスクを使うには要注意である。

iPhoneで、録画視聴もリアルタイム視聴もできる。

これはとても便利。そしてとても安定している。電車の中や外出先で、録画あるいはTV放送を視聴できる。iPhone5であれば、MP4-SDの画質(500kbps, 480×272)で十分綺麗に映る。MP4-HD(1500Kbps, 1280×720)を使えば、iPhone6でも問題なさそうである。

ただし、再生できるブラウザは、safari。iOS版Chromeでは再生できなかった。Windows7では、Chromeで問題なく再生できているので、設定の問題かもしれない。)

(2014.9.21追記 iOS8に上げたら、途端に再生できなくなった。さらにiPhone 6 plusに機種変更したが、同様の症状。iOS8で何か変更があった模様。)

地下鉄で通勤中に、録画した「ガイアの夜明け」を見た。こういう経済番組であれば、放送翌日の朝の電車で見た方が、効率よく集中もできる。

ガイアの夜明け1

ガイアの夜明け2

やはり、ファイルを端末にダウンロードせずに視聴できることのメリットは大きい。

CMカットがほぼきちんとできる。

CMを認識して、カットしたり、後ろに回したりすることができる。これもかなりの精度でカットしてくれるので、実用レベルで使える。

本編のみ、CMのみ、本編+CM、チャプタ追加の4種類が選べる。今回は、本編+CMを使っている。以下に今回の設定で、CMがカットされて後ろにまとめられている例を示す。

CMカット1 CMカット2

詳細はまた別途報告するとして、foltia ANIME LOCKERは、Linuxが今後家庭に普及するきっかけになる気がする。

まだ、改良すべき点は多々残っているが、実用のレベルに達したことは間違いない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください