SAMSUNG Galaxy Tab S レビュー(3) FlipBoardが紙の雑誌を超える

GALAXYアンバサダープログラムのモニター企画で「GALAXY Tab S 10.5」をお借りしています。

紙というインタフェース。これをこよなく愛する人達がいる。Galaxy Tab S 10.5 には、コンテンツホーム画面があり、情報をブラウズするのに適している。これなら、紙が好きな人でも受け入れるのではないだろうか。

上記のビデオでわかるように、軽快にページをめくることができるので、情報のざっと見には最適だろう。

ここで、外形寸法と重さを、Galaxy Tab S 8.4とNexus7で比較してみる。

項目Galaxy Tab S 10.5Galaxy Tab S 8.4Nexus 7
重さ465 g294 g340 g
外形寸法247.3x177.3 mm212.8x125.6 mm198.5x120 mm
厚さ6.6 mm6.6 mm10.45 mm
解像度2560x16002560x16001280x800

今回FlipBoardを使ってみて、雑誌をめくっているような感覚があった。今までのタブレットの経験と異なるのは、B5サイズと2560×1600という解像度による。

Nexus7でflipBoardを使ってみたが、解像度が1/4のため、記事の一覧性がなく、文字も大きくて不細工に見える。こちらでは、SmartNewsの方が合っている。

使い方を整理してみると、以下のようになる。

10インチタブレット

  • 横型で使う
  • 主に座って使う
  • 主に屋内で使う
  • 持ち運びにはいくらか面倒
  • FlipBoardで雑誌をめくるように使う
  • 映像を見るのにも使う

8インチタブレット

  • 縦型で使う
  • 片手で持てるので、寝ながらも使う
  • 片手で持てるので、電車で立っている時も使う
  • 持ち運びは苦にならない
  • SmartNewsでメモ帳をめくるように使う

ただし、Galaxy Tab S 8.4は、両方兼ねた使い方ができるように思う。実機を使っていないので何ともわからないが。

2014年08月28日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください