SAMSUNG Galaxy Tab S レビュー(2) キレイ・ハヤイ

GALAXYアンバサダープログラムのモニター企画で「GALAXY Tab S 10.5」をお借りしています。

Galaxy Tab Sの特長は、画面がキレイで応答がハヤイこと。

私が持っているNexus7(2012)は7インチで、本来比較対象ではない。しかし、これしか実機で計測することができないので、ご了承ください。

01610760f949e8337ee58ac3cd49f23ffc3d39e90b

仕様を比較する

ディスプレイとCPUの仕様は、以下のとおりである。

項目Galaxy Tab S 10.5Nexus7(2012)
画面サイズ10.5インチ7インチ
画面解像度2560x16001280x800
ディスプレイ方式スーパー有機EL
(Super AMOLED)
IPS液晶
CPUSamsung Exynos 5420
(Cortex-A7 x4 1.3GHz
+ A15 x4 1.9GHz) Octa-core
NVIDIA Tegra 3 T30L
1.3GHz クアッドコア
OSAndroid 4.4.2Android 4.4.2

OSのバージョンは同じだが、Galaxy Tab Sは、ディスプレイもCPUも大幅にグレードアップしている。

画面がキレイ

Galaxy Tab Sの解像度は、Nexus7の4倍あること、液晶ではなくスーパー有機ELであることから当然のことながら、画面がキレイであることは見ただけでわかる。

ここでは、動画でどのくらい差が出るか検証してみる。
検証に利用した動画は以下の仕様である。

  • 番組名 LiveMonster(日本テレビ) ゲスト:少女時代
  • ファイル形式 MP4
  • 解像度 1440×1080
  • ビットレート 8Mbps
  • 再生アプリ Qloud Media クライアント

MP4のファイルを自宅サーバ上において、Qloud Mediaクライアントで再生するという方法で検証を行った。タブレット内にローカルにファイルを置かないで、サーバーからのストリーミングで行った理由は、私自身が一番使い易く、タブレットではこの再生方法がベストと考えているからである。

サーバー上にあるファイルを再生する方法は、一箇所で管理でき、いつでもすぐに視聴できるので便利。

実際に、MP4のファイルを再生したところ、帯域幅の最適化が必要だった。

  • Galaxy Tab S 10.4 帯域幅 8Mbps
  • Nexus 7 帯域幅1.5Mbps

Nexus7では、これより帯域幅を上げると、スムーズに再生できなかった。
Galaxy Tab Sは、ファイルのビットレートまで上げても再生にはまったく問題がなかった。

それぞれの再生時の状況をiPhoneでビデオ撮影し、スクリーンショットで比較したものが以下の写真である。

Galaxy Tab S

Galaxy Tab S 少女時代

Nexus 7
nexus7 少女時代

解像度が4倍、帯域幅も4倍以上違うので、当たり前だ。しかし、これだけ違うならば、少し価格が高くても欲しくなってくる。

応答がハヤイ

次に処理速度を比較してみたい。

Nexus7で重たいアプリ「パワフルプロ野球TOUCH2014」で、どのくらい速くなるか検証してみたい。

やはり、速さが違う。開始をタップしてから、試合開始までの時間は以下のとおり。

  • Galaxy Tab S  約20秒
  • Nexus 7               約30秒

ここの10秒はかなり大きい。Galaxy Tab Sは、ハヤイ。

2014年08月27日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください