SAMSUNG Galaxy Tab S レビュー(1) First Impression

GALAXYアンバサダープログラムのモニター企画で「GALAXY Tab S 10.5」をお借りしています。

2014年8月22日夜に到着して、開けてから10分程で使えるようになりました。

01b02d4554c7932ffdb42fe01aa2084d28b350d5a3

以前はかなりごちゃごちゃしていた印象のAndroidタブレットですが、SAMSUNGの初期設定は、非常に良く出来ている。

デフォールトの設定では、4枚の画面が左右にスライドすることで、切り替えられる。
左から、コンテンツ画面(2)、コンテンツ画面(1)、クラシック画面(1)、クラシック画面(2)。
新規4画面

まず、画面下のホームボタンを押すことで、表示されるクラシック画面(1)。
Screenshot_2014-08-25-15-37-07

Androidでは、標準的な画面。自分の好きなアイコンを並べて置ける。この画面上で右から左にスクロールすると、Galaxy Tab特有のアイコンのあるクラシック画面(2)に変わる。
Screenshot_2014-08-25-15-37-16
まず、「マイライブラリ」で「ゼロ・グラビティ(日本語吹替版)」が無料で見られる。
0188f621b32f432a1ab697e99ca4fad84c4b42ca96

さらに、「Galaxy Essentials」では、以下のアプリが無料でダウンロードできる。Screenshot_2014-08-26-16-18-35

他に、「Galaxy Gifts」では、ゲームの「アスファルト8:Airborne」や「Hancom Office」が無料で使える。
Screenshot_2014-08-26-16-26-01

「アスファルト8:Airbone」は、レースゲームで画面はとてもきれい。しかも滑らかに動く。「Galaxy Tab S」の性能を知るには、とても良いアプリケーション。Screenshot_2014-08-26-16-37-56

ここまでがクラシックホーム画面で、デフォールトで設定されているもの。
これとは別に、ホーム画面を左にスクロールさせると、コンテンツ画面(1)が表示される。
Screenshot_2014-08-25-15-58-02
アイコン画面と違って、アプリの状態表示がされている。この画面の場合は、FlipBoardのいくつかのコンテンツをタイル状に表示しているので、見た目がおしゃれな雑誌。
更に左にスクロールさせると、カレンダー、メール、オフィス文書、FlipBoardを合わせたコンテンツ画面(2)がある。
Screenshot_2014-08-25-15-36-44

この4画面を使うことで、非常に簡単に必要な機能を使うことができる。今までNexus7を使っていたが、コンテンツ画面はなかった。その点だけでも、使い勝手は向上している。

2014年08月26日 | Posted in 電脳 | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください