ボードゲーム「スコットランドヤード東京版」発売前イベントに参加

東新宿近くの「株式会社カワダ」さんの会議室で開催された発売前イベントに参加し、「スコットランドヤード東京版」をプレイしてきました。

012a9136368b365117ddcaf1dda9d0c8e7b129bb56

この記事を書いているのは6月29日なので、既に発売されています。

ボードゲームは、最近はコンピュータのオンライン上でしかプレイしません。しかしモノポリーは今でもボードを持っていますし、ボードゲーム好きではあります。イベントで久しぶりにテーブルを囲んでプレイしたら、懐かしくも、良い雰囲気を思い出しました。

リアルとバーチャルというのは、どちらか一方に収束するものではなく、お互いに補完するものだと思っています。だから、ボードゲームもオンラインだけでなく、リアルも生き残っていくことは間違いありません。

最近は、「カタン」をオンラインでやることが多いのですが、「カタン」のボードと駒を欲しくなることがあります。

「スコットランドヤード」は、昔から名前を知っていても、実際にプレイをしたことがなかったので、興味津々でした。1対多で競うボードゲームを他に知らないのですが、自由に刑事側が意見を交換して、ミスターXを追い詰めるプロセスは、リアルボードならではの楽しさです。それぞれの考え方を披露しながら協力し合うゲームというのは、ほのぼのとしていて、他のような個人の競争がないので、ある意味癒し系のゲームだと思いました。

01b65daef7a8cd14835413b6bfebcb7f65ddc52bc7

ルールもほぼこれ一枚で説明できるので、かなり入りやすい。しかし、ミスターXはある程度慣れてこないと勝つのは難しそうです。

「スコットランドヤード東京版」は、慣れ親しんだ地名やランドマークがあり、頭の中に地図は入ってくる。これが、本国版の知らない地名では、入りやすさにかなり差が出てくると思う。だから、時間をかけて東京版を作成した苦労は、かけて良かったと思います。

イベントを通じて感じたことは、「株式会社カワダ」のスタッフのゆったり感です。こういう会社は、自分たちの時計を持っていて、周りに左右されず、マイペースで楽しみながら仕事していることが、肌から伝わってきました。今後もこのゆったり感は大切にしてほしいと思います。

最後に、ひとつアイディア。さきほど、リアルとバーチャルが補完という話をだしたのですが、「スコットランドヤード東京版」もスマホ版を作ってほしい。ゲーム全部でなくても、ミスターXの作業版をスマホのアプリにしてもらうと、もっと便利になると思います。目線を気にしながら逃走計画を練るのは、なかなか難しい。

2014年06月29日 | Posted in Topics | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください