音楽>Will LeeをCotton Clubで聞きました。

ずっと昔からWill Leeが気になっていた。今日とうとうWill LeeCotton Clubでほんの数メートルの距離でみました。彼は本当に職人です。表に出ることは少ないけれど、確かなテクニックと独特のTasteを持っている。Funkという概念を体から発散しているようなミュージシャンでした。

結局生き残るミュージシャンというのは、Tasteです。病み付きになるTasteがなければ、続かない。不思議なのは、Will Leeは消費されて飽きられることがない。何故なんだろう。

歌もうまいです。ディーン・ブラウンもデニス・チェンバースもかないません。結局脇役なのに、このトリオになると、主役は彼のようです。ディスコグラフィーを見て驚いたのは、郷ひろみやSMAPまでサポートしていました。私は、山下達郎のCircus Townや矢野顕子などで気になっていたのですが、あらゆるところから呼ばれているんですね。

職人としてこういう生き方は、とても好きですね。

2008年12月06日 | Posted in 音楽 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください