自作>Atom静音サーバーの作り方(01)

D945GCLF2の記事がかなり読まれ、Googleの検索でも「Atom 静音サーバー」で上位に表示されるようになりました。
そこで、Atom静音サーバーの作り方に関して、詳細をここで公開することにします。これを読めば、誰でもAtom静音サーバーができます。

  

  

今回購入したパーツ
名称 型番 メーカー 価格 購入店
マザーボード D945GCLF2 Intel 9380円 PC-IDEA
メモリ NoBrand DDR2-667 2GB Bulk No Brand 2180円 PC-IDEA
PCケース N-880-WH サイズ 5180円 K STAR
HDD SATA ST31000333AS Seagate 9999円 クレバリー
OS Windows XP MCE Microsoft 13580円 uWorks

小計は、 ハード26739円、 ソフト13580円

合計   40319円

CD-ROMドライブがインストールに必要です。インストールする時だけなので、他から一時的にもってきてもいいし、ドスパラなどの中古パーツ屋で100円くらいで購入することもできます。もし、DVDを焼くことも考えているならば、約3000円でDVD-R/RWが買えます。


組み立てに必要な道具
このサーバーは、リモートデスクトップでアクセスすることを前提としています。したがって、完成品で接続するのは、LANケーブルと電源ケーブルだけです。それ以外は、インストール時以外は使いません。
インストール時に必要なツールをは以下のとおりです。
①ディスプレイ (アナログRGBがつなげる物)
②キーボード(USBでないもの)
③マウス(USBでないもの)

また、別のPCが1台とギガビットイーサネットのハブ、インターネット回線がある事も前提条件です。

これで準備は整いました。

マザーボードとメモリです。

d945gclf2.JPG

ケースです。

PICT0188.JPG

ハードディスクです。

PICT0192.JPG

OSです。

PICT0195.JPG

2008年12月06日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください