自作>AtomマザーD945GCLF2のファンを交換

先日、インテルのマザーボードD945GCLF2のファンが突然うるさくなって、取り外したことを報告しました。 昨日新しいファンを買ってきて、交換しました。

newfan.JPG

とても静かになり、冷え方はそこそこですが、これで来年の夏がすごせるか実験です。

買ってきたのは、同じメーカーの回転数が低いものです。秋葉原のCustomというショップです。冷却ファンというと、ほとんどここでそろいます。
今回のファンは、40×40×10(mm)というサイズで、Nidec(日本電産)などもありましたが、結局T&Tというメーカーのものを選びました。前のファンは、これでした。

maenofan.JPG

なぜ、トラブルをおこしたメーカーの製品をまた買ったかというと、値段です。Nidecのは、2680円もします。T&Tは980円ということで、あまりに値段が違いすぎです。マザーボードについていたこのファンは、6000回転です。私が使っているのはミドルタワーで、冷却をする必要性はそれほど高くない、という自己判断で、「超静音」の3000回転を購入しました。装着した結果が以下の写真です。

newfaninstall.JPG

6000回転のものとは、羽の数が違います。風量確保のためでしょう。装着した結果は良好です。現在Atomマザーは2台あり、1台は6000回転、1台は3000回転で動かしています。これで、来年の夏がどうなるか楽しみです。今のところ、どちらも非常に静かです。

2008年11月25日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください