PT3録画静音サーバーのMP4トランスコード(2013年4月時点)

<追記 2013年11月29日>CPUをHaswellにしたサーバーを作成したところ、トランスコード性能は向上しませんでした。Ivy-Bridgeのi7-3770Sの方がいい結果が出ています。現状Ivy-Bridgeの中古がお勧めで、Haswellはお金をドブに捨てるようなものです。詳しくは、最新の記事を参照してください。

2012年版PT3録画静音サーバーは、構築してからほぼ1年が経過し、熱の問題や省電力化の問題が解決でき、安定稼動期に入った。

家電メーカーのブルーレイレコーダーやHDDレコーダーでは、4チャンネル同時録画で10万弱で購入できるようになってきたが、このサーバーの使い易さには追いついていない。

このサーバーを使い続ける理由

  • 地デジ4チャンネル衛星デジタル4チャンネル同時録画。
  • TVRockを使った録画予約機能の柔軟性。
  • 録画データは編集可能。

ただし、解決していない問題が一つあった。録画データがMPEG2-TSであること。

MPEG2-TSであることの問題点

  • ファイルサイズが大きい。(1時間の地上デジタルで6GB、衛星デジタルで9GB)
  • WMPやVLCで再生できないことがある。(tssplitterやMP4トランスコードが必要。)
  • LANを介して再生ができない場合や途切れる場合が多くある。

この解決策は、MPEG2-TSをMPEG-4 AVC(H.264)にトランスコードすること。ただし、今まで解決していなかったのは、自動的に安定して使えるソフトウェアがなかったからである。

今回調査した結果、ArcSoft Media Converterを使うことで解決することができた。

4種類のトランスコードソフトウェアの比較は以下の通りである。(2013年4月15日現在)

ソストウェア名 バージョン 評価 理由 地デジ変換速度 衛星変換速度 価格

ArcSoft Media Converter

 8.0.016

8/10

フォルダ監視機能とトランスコード速度が優れている。

12.97

12.12

¥2426
MediaEspresso 6.7 6/10 トランスコードの自動化ができない。 7.71 6.63 ¥2980
TMPG VMW 5.3.1.85 5/10 トランスコード速度が遅い。 2.04 1.42 ¥9800
Media Coder

0.8.20.5380

0/10 音ズレが致命的。日本語ファイル名もおかしい。

今回の調査では、地デジ6ファイル、衛星4ファイルをMP4(H.264)にトランスコードして時間を測定した。最終的にMediaConverterを選択したのは、フォルダ監視機能を使うため。自動的に変換してくれるので、とても便利。ただし、時々変換エラーで停止することがあるので、完全無人運転ができるほどではない。

MediaConverterの性能、変換速度12倍は60分のMPEG2-TSファイルを5分でMPEG-4(H.264)に変換することができ(CPUはi7-3770s)、品質も大きな問題はなさそうである。調査結果の詳細は、別記事で詳しく紹介する予定である。

<追記 2013年4月26日>現在Media Converter 8を使用してPT3で録画したものを自動的に変換している。1日10ファイルを変換して、2日に1回程度変換できないものがある。100%再現性があるので、問題があるファイルをArcSoftに送って調査中である。この問題が解決出来れば、全録システムを構築することも可能だろう。

 

2013年04月15日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: , 10 Comments » 

関連記事

コメント10件

  • ぬけさく より:

    Chromecast用にmp4にトランスコードするソフトを探してぐぐったらここにたどり着きました。

    i3のIVYのPT3鯖を稼動してますので必要があったらi7でも買いますかね。
    とりあえずMediaConverter買ってみます。

  • ぬけさく より:

    わいならアフィリエイト貼ります。感謝の意味でアフィリエイトで買いたかったね!

  • simplelife より:

    今もMediaConverterを使っています。時々変換できないものがありますが、実使用で許せるレベルです。

  • smallitoys より:

    MP4変換失敗しているTSファイルは
    TStimeKeeper で 整合性を整えるとほぼ解決します。
    ごくまれに録画の最初のヘッダ不正で整合性の修正ができないのもありますが
    その場合はTSファイルの頭を数フレーム削除すれば治ります。
    私の環境では変換失敗したファイルは上記処理で問題なく変換可能となってます。

  • simplelife より:

    smallitoysさん、

    情報ありがとうございます。TStimekeeper今度使ってみます。自動で通せば、手作業はなくなるかもしれませんね。

  • maruni より:

    はじめまして!
    古いPT2を使ったサーバーで運用しているのですが、Sandybridge i5のパソコンでのエンコードソフトを探しています。
    オススメのMediaConverterを調べたのですが、既に販売されていないようです。
    現時点ではどれがオススメでしょうか?
    紹介していただけると助かります。
    よろしくお願い致します。

  • simplelife より:

    Arcsoft Media converterは、以下からお試し版がダウンロードできるようですが?

    http://arcsoft-mediaconverter.softonic.jp/

  • maruni より:

    ありがとうございます。
    このサイトですが、ウイルス紛いのファイルを添付してフリーウェアを配布する悪質なサイトと聞いたことがあります。
    どちらにしても、本家が販売停止している以上、正式版を購入できないので、質問させていただいた次第です。
    お忙しいところ、申し訳ありませんでした。

  • simplelife より:

    maruniさん、調べるとsoftonicはあまり評判の良くないサイトのようですね。
    arcsoftがなぜ販売をやめたのかわかりませんが、フリーで使えるソフトがあるので、ビジネスにならないと判断したのかもしれません。私は録画システムはほとんどlinuxベースですので、ffmpegを使用しています。ffmpegは、qsvにも対応しつつあるようです(私は試していませんが)。ffmpegはかなり安定しているし、windows版もあるようですので、qsv対応の最新版を試してみるのもいいかもしれません。

  • maruni より:

    お返事ありがとうございました。
    とりあえずダウンロードして使ってみました。
    i5-3337sのノートでしっかり10倍ぐらいの速度ですね!素晴らしいです!!
    実は、これまで使っていた故障したデスクトップはi5-2500でTMPGだったのですが、はるかに遅かったです。
    ノートだという事で甘く見ていたのですが、もっと早くこちらのサイトを見て試しておくべきでした。残念です。

    あと、今回ffmpegも調べてみたのですが、結構難しそうですね。
    でも、時代の流れに乗っていかないとダメですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください