PT3録画静音サーバーの省電力化(3)リモートからのスリープ復帰設定

自動的にスリープになり省電力化を達成すると、以下の様な時困ることになる。

  • 外出先から緊急で録画予約を入れる。
  • 別のPCで録画したビデオを視聴する。

PT3録画静音サーバーの電源ボタンかキーボード・マウスを直接操作しなければ、スリープから復帰させることができない。

この問題を解決するのが、「リモートからのスリープ復帰」。

スリープ復帰に利用する技術(WOLとVPN)

インターネットに接続しているPCやタブレットやスマートフォンから、PT3録画静音サーバーをスリープから復帰させることが可能である。そのために今回利用したのは、次の技術。

  • WOL(Wake On LAN)
    Magic Packet ネットワークに繋がっているコンピュータの電源操作を遠隔から行う技術
  • VPN(Virtual Private Network)   PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)
    インターネットを介して自宅LANにセキュアに接続する技術

これらの技術は、いろんな組み合わせて利用できるが、今回は、バッファローのルーターWZR-HP-G300NHを使用した。採用した理由は、ルーターにWake On LAN機能とPPTPサーバー機能が組み込まれているからである。

リモートからのスリープ復帰を行うには、以下が必要となる。

  • ルーター   Wake On LAN機能
  • LANカード   Magic Packetによるスリープ解除機能

また、インターネット越しにセキュアに行うために、以下が必要となる。

  • ルーター   PPTPサーバー機能
  • ドメイン    無料DDNSサービスを利用する。

 スリープ復帰の設定(Intel)

スリープ復帰は、LANカードで設定する。
コントロールパネルを開いて、「システムとセキュリティ」から「デバイスマネージャー」をクリックする。
wol 1 system
次に、「デバイスマネージャー」の中で、「ネットワークアダプター」を開く。
マザーボードがASUS P8Z77-Vでは、Intelのチップが使われている。
wol 2 device Manager
プロパティを開けて、「電力の管理」タブで「Wake On Magic Packet」と「電源オフ状態からのWake On Magic Packet」をチェックする。
wol 4 dengen
これで、設定完了である。
後は、ルーターからMagic Packetを送って確認を行う。
ルーターの設定画面を表示し、中央下段の「ネットワークサービス一覧を表示」をクリックする。
wol 5 router
ルーターに接続しているPC一覧が表示されるので、スリープを復帰させるPCの「WOL」ボタンをクリックすると、Magic Packetが送られ、PCがスリープから復帰する。
wol 6 magic packet
画面が変わり、Magic Packetが送られたことが確認できる。
wol 7 magic packet sent

 

 

スリープ復帰の設定(Atheros)

ネットワークのチップが変わると、プロパティ画面が違ってくる。
以下は、Atherosの例。  wol atheros 1
プロパティがIntelとは異なる。「詳細設定」タブで「WOLパターンマッチ」を「無効化」にする。
wol atheros 2
「詳細設定」タブで「WOLマジックパケット」を「有効化」にする。
wol atheros 3
「電源の管理」タブですべてチェックする。

wol atheros 4

 

 

スリープ復帰の設定(Realtec)

wol real 1 プロパティの「詳細設定」で「Wake on Magic Packet」を「有効」にする。
wol real 2
さらに「詳細設定」タブで、「Wake on pattern match」を「無効」にする。
wol real 3
「電源の管理」タブで、すべてをチェックする。
wol real 4

 

 

インターネットを介した指示

上記設定で、家庭内LANにおいてスリープの復帰指示ができれば、インターネットを介した指示も同様にできる。

手順は以下。

  1. 無料のDDNSサービス(例えばno-ip)に登録し、ドメインを取得する。
  2. ルーターでPPTPサーバーを設定する。
  3. 外部からアクセスするノートPC、iPhone、Android端末のPPTPクライアントに自宅ドメインへの接続設定を行う。
  4. PPTPクライアントから自宅のPPTPサーバーに接続する。
  5. ルーターのネットワークサービスの一覧をブラウザで表示する。
  6. 「WOL」ボタンをクリックする。
2013年03月08日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください