PT3録画静音サーバーの省電力化(2)スリープの設定

録画静音サーバーの省電力化を実現するために、アイドル状態の時に自動的にスリープ状態にする。

(1)アイドル状態が5分間続いた時に、スリープ状態に移行する。
(2)録画開始3分前にスリープ状態から復帰し、録画を行う。

本サーバーは、録画ソフトとしてTVRockを利用しているので、上記設定は簡単に行える。
TVRockのメニューから「設定」を選択し、「システム設定」タブと「インテリジェント」タブで設定を変更すれば完了する。

TVRockによるスリープの設定

①TVRockのメニューから「設定」を選択する

sleepの設定1

②「設定」の中の「システム設定」タブを表示する。
③「システム設定」タブの中で、右下の2か所を設定する。
スリープ復帰時間 予約3分前
スリープ抑制時間 5分以内の予約

sleep3

 

④「設定」の中の「インテリジェント」タブを表示する。
⑤「インテリジェント」タブの中で、右下のスリープタイマーの項で2か所を変更する。
CPU平均使用率  0% → 2%
ネット平均使用率 0% → 2%

sleepの設定 2

上記設定をすると、使用していない時(5分間のCPU平均使用率とネット平均使用率が2%以下の時)に自動的にスリープ状態に移行し、録画時3分前にに自動的に起動するようになる。

また、以下の様な場合にも対応できる。

  • 直接マウスやPCで操作している時に、スリープ状態にならないようにする。(CPU平均使用率が2%の設定により)
  • 別のPCから録画したファイルを再生している時やVNCなどでリモートデスクトップを使用している時に、スリープ状態にならないようにする。(ネット平均使用率が2%の設定により)

ここまで設定出来れば、後は「リモートからのスリープ復帰設定」で完了する。

 本設定でのトラブル対処

(1)スリープ状態から復帰して録画したものが、画面が黒いままである。

これは、スクランブルが解除できなかった可能性が高く、USBで接続しているスマーカードリーダーのセレクティブサスベンドからの復帰後電源が供給されていないことが考えられる。

実際に私が経験したことで、Windows7ではスリープ状態に入る際に、USB接続機器の電源供給をやめ、スリープ状態から復帰した時に、再度電源供給を始めることになる。しかし、セレクティブサスペンドに対応していないスマートカードリーダーの場合、復帰時に電源供給が始まらないようである。

解決策は簡単で、セレクティブサスペンドに対応したスマートカードリーダーに変える。
例えば私が使っている、SCMのSCR3310/v2.0は問題なく使える。

(「コントロールパネル」 – 「システムとセキュリtィ」 – 「電源オプション」 – 「プラン設定の変更」 – 「詳細な電源設定の変更」- 「USB設定」 – 「USBのセレクティブサスペンドの設定」を無効に変えるという方法もあるが、スマートカードリーダーは2,000円以下で買えるので、設定変更はおすすめしない。)

(2)録画が完了しても、スリープ状態にならない。

原因としては、5分間のCPU平均使用率やネット平均使用率が2%以下にならないわけですから、ローカルで常時動作しているアプリケーションがあるか、ネットワークでアクセスしてくるものがあるかになる。

この状態を調査するために、「powercfg」というコマンドを利用する。このコマンドは、管理者権限がないと使えないので、コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げる。

①左下の「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」をクリックする。
②「アクセサリ」をクリックする。

powercfg 1 powercfg 2

 

③「コマンドプロンプト」で右クリックをして、「管理者として実行」をクリックする。
powercfg 3
④「コマンドプロンプト」の中で、「powercfg /requests」を実行する。
powercfg 4
ここで、表示されているものが、スリープを阻止しているものである。

例えば、

>powercfg -requests
DISPLAY:
なし。

SYSTEM
[DRIVER]] \FileSystem\srvnet アクティブなリモート クライアントが、このコンピューターに最近要求を送信しました。

AWAYMODE:
なし。

もし、阻止しているものを無視して良いならば、

>powercfg -requestsoverride DRIVER srvnet SYSTEM

確認をするには、

>powercfg -requestsoverride

(3)スリープ状態になっても、すぐに復帰してしまう。

自動的にスリープ状態に移行しても、すぐに復帰してしまうことがある。これは、スリープの解除設定に問題があることが考えられる。経験的には、「マジックパケットによるスリープの解除」で問題がおきることはないが、「パターンマッチによるスリープの解除」では、意図していない時に復帰してしまうことが多い。

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムの中のデバイスマネージャーで
ネットワークアダプター>プロパティ>電源の管理で確認してほしい。

詳細は、「リモートからのスリープ復帰設定」を参照。

2013年03月04日 | Posted in 電脳:静音サーバー | タグ: , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください