映像>薔薇のない花屋

4年ほど前に韓国TVドラマにはまっていろいろ見ましたが、「チャングム」以外はたいしたことなく、結局最近は日本のTVドラマに戻っています。

さて、私の脳はなぜか竹内結子出演のドラマ・映画にはまりやすい。最初は、NHKの朝の連続ドラマ「あすか」でした。そして、「ランチの女王」、映画で「黄泉がえり」、「いま、会いにゆきます」。

ずっと一緒さ
山下達郎
Warner Music Japan =music=
2008-03-12
定価 ¥ 1,200

オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」
TVサントラ
ポニーキャニオン
2008-02-20
定価 ¥ 2,625
powerd by Amazon360

今回「薔薇のない花屋」を第2回まで見ましたが、第2回の冒頭と最後で竹内結子に参りました。

見逃している方は、YouTubeで見られます。

冒頭の部分で香取慎吾とベンチで話している。「どんな時幸せ感じるの」と聞かれて、香取慎吾が「はなやさんって呼ばれる時です」と答える。すると、竹内結子が何回か「おはなやさん」といった後、立ち上がって大きな声で「返事してよ お~は・な~や さ~ん」というところ、なかなかいいです。

最後では、新宿の都庁付近で酔っ払っている竹内を香取が迎えに行く。
ここでも竹内が冒頭と同じように「お・は・な・や さ~ん、 返事してよ」というところ、いいですね。そして死んでしまった元妻役の本仮屋ユイカの笑う顔がオーバーラップする。「花のように笑う」、確かに竹内も本仮屋も、花のように笑う。年を忘れて、入り込んでしまいました。

今月は、他に「佐々木夫妻の仁義なき戦い」「明日の喜多善男」まで、見てしまっている。両方とも見るのがつらいドラマだが仕方がない。見ないと反って気になってしまう。

この2,3か月は、週3本見ることになりそうです。

2008年01月27日 | Posted in 映像 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください