贅沢なランニングコース

たまたま用事があって、パリに行きました。初めてのパリです。折角なので、セーヌ川周辺をランニングしてきました。

走ることで、パリを肌で感じることができました。私は美術品や名所旧跡にほとんど興味がない人間です。それより、街の雰囲気や人々の暮らしに触れることが旅行の楽しみです。それで、パリのセーヌ川周辺を走ってみたのですが、期待以上に素晴らしい経験でした。まさに、世界一贅沢なランニングコースです。このコースは私が考えたのではなく、フランスに25年程滞在されているムッシュ柴田さんのブログで紹介されていたものです。やはり、永く住んでいる方でなければ、このコースは思いつくはずもありません。感謝です。

走ってみて感じたのは、これしかないというくらい完成したコース取りです。
①トロカデロ広場
②セーヌ川
③コンコルド広場
④チュイルリー公園
⑤カルーゼル凱旋門
⑥ルーブル美術館
⑦シテ島、サン=ルイ島
およそ12kmで、信号も最初のセーヌ川沿いに行くところでいくつかありますが、後はほとんど気にならない数です。特にコンコルド広場からチュイルリー公園、カルーゼル凱旋門を抜けてルーブル美術館を抜けるところまでは、凱旋門とルーブル美術館の間に信号が一つあるだけで、非常に快適なランニングコースです。私が走ったのは、2010年11月24日11:00-13:00頃でしたが、少し寒いものの最高の天気で快適でした。ランナーも時々すれ違う程度で、問題ありません。

上記の地図は、さらに拡大したものです。実は最初コースを間違えて、セーヌ川と逆の方へ行ってしまいました。その後、iPhoneで確認して、正しいコースへ戻っています。2枚目の地図では、セーヌ川沿いを走っています。ここは、川のすぐ脇の下のコースと少し離れて平行に走っている上のコースと両方選んで走れます。そしてコンコルド広場に達すると、大きな観覧車が見えます。ここで、公園の中に入り、まっすぐ走ると、凱旋門、ルーブル美術館が見えます。美術館の真ん中が通り抜けられます。最後の地図では、シテ島を通り越して、セーヌ川の向う岸に渡り、走ります。そして、サン=ルイ島を通り抜けて、シテ島を通り越した後は、また同じ道を帰ります。

最後にいくつか写真を入れておきます。

トロカデロ広場から順番です。最後は、トロカデロ広場に戻ってきて、後を振り向くとシャイヨー宮とエッフェル塔が見えます。素晴らしい眺めです。ただ一つ残念なのは、エッフェル塔のプラモデルのようなものを売る黒人が20~40人くらいうろうろしています。危険ではありませんが、あまり感じ良くありません。

以上、パリのセーヌ川ランニングコースの報告でした。本当に贅沢なコースでした。パリに旅行されることがあれば、お勧めです。

2010年11月29日 | Posted in ランニング | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください