百冊015:超マシン誕生

超マシン誕生―コンピュータ野郎たちの540日 (1982年)
風間 禎三郎
ダイヤモンド社
1982-10
定価 ¥ 2
powerd by amazon360

古い本を箱から出して整理していたら、懐かしい本がでてきた。コンピュータビジネスの本として最初に読んだのは、実はこの本だ。これは絶版になっていて、どこかの古本屋に探しに行こうと思っていたところだった。ここでこの本が出てくるのも、Serendipityとしかいいようがない。


これがジャケットだ。1982年の本だから、もう24年も経っている。しかし、この本を読んだ記憶は今でも残っている。夜中によその研究所に忍び込んで、納入されたばかりのライバル会社(DEC)のコンピュータ(VAX)を調べるところとか、ハードウェアの設計者がバグが取れず失踪する話とか、忘れていない。
データジェネラルという会社は、今はもうない。1999年8月EMCに約1200億円で買収された。

もう少し詳細を紹介していきたいが、とりあえずSerendipityのご報告。

2006年11月07日 | Posted in 電脳:百冊 | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください