UQ WiMAX + egg、とてもいいですね

7月17日にeggを受け取ってから、今日まで5日間。Pocket WiFiとeggを持ち歩いていましたが、結論でました。

私の用途では、後1点の改良をしていただければ、

eggにすぐにでも乗り換えます

 

その1点とは、東京メトロの駅で使えること。
それ以外のほとんどでは、eggが圧倒的に使いやすい。

UQ WiMAX + egg が使えない場所

実際この5日間でPocekt WiFiは使えるが、eggが使えなかったところは、以下のとおりです。

  • 新宿三丁目駅、六本木駅など(東京メトロの地下鉄の駅)
  • 六本木ヒルズ 49F
  • もみじ茶屋(長野駅そばの居酒屋)
  • 小布施

おおよそ私の理解では、空がちらっとでもガラス越しでもいいから見えるところは、大体入るように思う。六本木ヒルズの地下2階にある焼き鳥料理「百鳥」で使えたのには驚いた。小さな基地局があるのか、入り口側が吹き抜けになっているからのか、理由はわからない。

とにかく、つながらないのは、

  • ビルに囲まれた電波が回り込めない場所(例えばもみじ茶屋)
  • 高層(例えば六本木ヒルズ49F)
  • 地下(イーモバイルも東京メトロ全駅で使えるまで1年くらいはかかっていました。)
  • サービスエリア外(例えば小布施、当たり前)

従って、私の使い方に限っていえば、地下鉄で通勤するため、そこでiPhone、iPadが使えないと、あまり役に立たない。

私がeggをお勧めするとしたら、

  • サービスエリア内でADSLを使っているが、少し高くてもいいから速い方がいい人
  • サービスエリア内でiPadを購入したネットワーク素人が、ビューンやYouTubeを快適に使いたい。
  • 通勤・通学で地下鉄使わない人で、iPhone, iPad, NintendoDS, PSPなどを電車で使いたい。

設置がいらず、入手したその時から、SSIDとWPAキーを使用機器に設定するだけで使えてしまうのは、すばらしい。ほとんど知識がない人でも使えるレベルだと思います。

eggとUQ Wimaxの良い点、改善点

eggの良い点

  • 1回の充電で4~5時間くらい持つ。充電時間もそれほど長くない。
  • LEDによるstatus表示がとてもわかりやすい。
  • 途中で勝手に切れることがない。
  • 動作が安定している。
  • 形が手になじむ。

要するに、Pocket WiFiから1年後にでてきたのですから、Pocket WiFiの悪い所はすべて改善されています。

eggへの要望

  • WiMaxだけでなく、無線LANも受けてほしい。
  • 充電端子は、ミニUSBにしてほしい。

UQ WiMAXの良い点

  • 定額4,480円/月プラン
  • ストリーミングやスカイプが問題なく使える速度

UQ WiMAXへの要望

  • 地方より、都市部の感度充実 (地下鉄、商業施設の屋内)

まず顧客は東京から。

私の選択

現在は、イーモバイルの2年契約がまだ1年近く残っているので、

イーモバイルのギガデータプランで、光ポータブルのSIMフリーのポータブルWiFiを使います。    

イーモバイル ギガデータプラン 3,980円
NTT 東日本 光ポータブル 315円
  月額合計 4,395円

ビックカメラでは、今WiMAXのキャンペーンを実施しているとのことで、以下の価格です。

名称 キャンペーン価格(2010年7月末まで) 通常価格
egg 4,050円 (19,800円)
UQ WiMAX 月額3,780円(2ヶ月無料、2011年7月まで) (月額4,480円)

比較すると、eggへ傾いていきます。東京メトロの駅でさえ使えれば、文句なく乗り換えられたのです。

これから、モバイルにしていこうとか、iPhoneとiPad両方持っているとかいう方ならば、ソフトバンクに払うお金をかなり節約できます。iPhoneでパケット料金月額3,381円、iPadのデータ定額プラン月額2,910円、合計6,291円を払わなくても、それより速いネットワークを使えるからです。eggをキャンペーン価格で、購入すれば月額2,511円も得します。

iPhoneとiPad WiFi版を持っていて、
インターネットをフルに使いたくて、
東京に住んでいて、地下鉄あまり使わない方は

egg + UQ WiMAXをお勧めします。

 

2010年07月21日 | Posted in モバイル | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください